2020年のサイバーセキュリティに関する9つの新年の決意

新年の決意を計画している間、一般的リストアップされる項目は、旅行したり、新しい車を買ったり、またダイエットしたりすることがあります。ただし、多くの人がサイバーセキュリティの新年の決意をする必要はないと考えています。インターネット上でさらに多くの活動が行われているため、サイバーセキュリティの新年の決意が強く求められています。

サイバーセキュリティに精通している人を除き、サイバーセキュリティの新年の決意を書くのは面倒な作業だと思われるかもしれません。 この記事には、みんなの今年をサイバーセーフの一年になるために、9つの新年の決意のリストを作りました。

1.強力なパスワードとパスワードマネージャーを使用する

ほとんどすべてのデジタルデバイスとアカウントは何らかのパスワードでロックされています。強力で、長く、簡単に推測できないパスワードを使用することをお勧めします。安全なパスワードジェネレーターは、強力なパスワードの生成に役立ちます。強力なパスワードを覚えにくいのは普通です。この場合では、パスワードマネージャーが役立ちます。

2.すべてのオンラインアカウントで2要素認証(2FA)を有効にする

2要素認証は、デジタルセキュリティの新しいトレンドです。 これは、オンラインアカウントに追加される保護レイヤーであるため、パスワードを使用しても、ハッカーはアクセスできません。2FAで保護されたアカウントにアクセスするには、携帯電話に送信されるコードを入力するなど、別のセキュリティチェックが実行されます。パスできない場合、アカウントへのアクセスは拒否されます。これはセキュリティにとって重要であり、今年採用されるべきです。

3.パブリックWi-Fiの使用中の注意

インターネットに無料でアクセスできる無料のWi-Fiホットスポットは素晴らしいですが、非常に危険です。公共のWi-Fiを介して共有および受信した情報は暗号化されないままになり、デジタル情報の侵害につながる可能性があります。パブリックWi-Fiへの接続が必要な場合は、ふぐVPNなどの優れたVPNを使用して最適なセキュリティを確保する必要があります。

4.デバイスとアプリの更新

時々不便かもしれませんが、古いアプリやデバイスを更新することが最優先事項です。最新の物理機能の提供とは別に、更新されたアプリとデバイスには更新されたセキュリティ機能もあります。古くなったアプリやデバイスは、マルウェアやエクスプロイトに対して脆弱です。

5.メールにもっと注意する

電子メールフィッシングは非常に効果的であるため、デジタル情報で最も実践されている攻撃です。ただし、ほとんどのメール詐欺は簡単に検出でき、被害者の不注意によるものです。 送信者の信頼性を確認したり、リンクに注意を払ったりするなどの単純な動作により、電子メール詐欺攻撃を防ぐことができます。2020年には、電子通信を処理する際に追加のセキュリティ対策を講じる必要があります。

6.ソーシャルメディアで共有される情報を制限する

ソーシャルメディアは開放な場所です。残念なことに、ほとんどの人は、ソーシャルメディアに自分自身に関する情報を公開する前に、最小限のことしか考えていません。これはデジタル自殺であり、避けるべきです。すべての写真をソーシャルメディアで非公開にすることを強くお勧めしますが、そもそも写真を共有しないことをお勧めします。今年、暗号化されていないソーシャルメディアを控えることが最優先事項です。

IVACY:デジタル世界をより安全に、誰にとってもアクセスしやすいものにします!
Ivacyでは、製品開発サイクル全体に工夫が行き届いています。私たちは、完全なオンラインの自由と、ユーザーにとっての侵入不可能なセキュリティを信じています。ターゲットに目を向けて、2007年に旅を始め、ユーザーが真のインターネットの自由を体験できるように最高のVPNサービスを設計しました。
ページへ

7. HTTPSで保護されたWebサイトのみを利用する

今年採用されるべき優れた方法は、(Secure Hypertext Transfer Protocol)HTTPSで保護されたWebサイトのみを利用することです。 HTTPS経由でWebサイトを利用すると、ブラウザとWebサイトサーバー間のデータの暗号化が保証されます。これにより、ISP、ハッカー、またはデバイスとサーバーの間の関係者から個人情報が保護されます。セキュリティを最適化するには、HTTPSを備えたWebサイトのみを利用する必要があります。

8.より安全なインスタントメッセージングを使用する

現在使用されているほとんどのインスタントメッセージングアプリには、エンドツーエンドの暗号化がありません。これはサイバー詐欺師がこれらのプラットフォームで共有される情報にアクセスして、デジタルセキュリティを危険にさらす可能性があることを意味します。今年、安全性の低いインスタントメッセージングアプリから安全性の高いアプリに切り替えることをお勧めします。SignalやWhatsAppなどのアプリは、エンドツーエンドの暗号化で知られているため、日常のアクティビティに使用する必要があります。

9. ふぐVPNを利用する

最後に、そして最も重要なこととして、デジタルセキュリティはVPNなしでは不可能です。VPNは、ユーザー情報がターゲットサーバーに到達する前に通過するトンネルのようなものです。VPNは、ウェブサイトのサーバーに到達する前にデータを暗号化します。優れたVPNは、高速で、情報を暗号化し、複数のサーバーを持ち、非常に手頃な価格である必要があります。

以前にVPNを使用していなかった人にとって、2020はアップグレードに最適な時期です。高速なサーバーと安価なプランにより、ふぐVPNは間違いなくVPNの最良の選択です。