オンライン検閲をバイパス-インターネットに自由にアクセスする方法

オンライン検閲を中国やトルコなどの国に関連付けますが、問題がどれほど広がっているかは驚くでしょう。地域制限を迂回するには、VPNを使用できます。たとえば、あなたの国でFacebookの使用が禁止されている場合、別の国のVPNサーバー経由でサイトにアクセスできます。このように、あたかも他の国にいるようにインターネットにアクセスして、制限されたサイトやサービスにアクセスできるようになります。

この記事では、さまざまな形のオンライン検閲と、VPNでオンライン検閲を迂回する方法について読むことができます。私たちの目には、言論の自由は最も重要な基本的人権の1つであり、常にそれを守る必要があります。ソーシャルメディア、ニュースサイト、およびその他のサービスの検閲について知っておく必要があるすべての情報を以下で確認できます。さらに、VPNまたはTorがどのように役立つかを説明します。

VPNは地域制限を迂回するだけに役立ちではありません。他にも多くの利点があります。自由、セキュリティ、および匿名性を提供します。VPNプロバイダーのサーバー経由でインターネットにアクセスすると、ソフトウェアはすべてのインターネットトラフィックを暗号化し、個人のIPアドレスを隠します。VPNがどのように機能するか、VPNがどのような利点をもたらすかについて詳しく読むことができます。Torは、ブラウザ内のすべての検閲を迂回するのに役立つブラウザです。

ソーシャルメディア検閲

ソーシャルメディアは、人々が検閲されていない考えや意見を述べる場所です。これは一部の政府にとって脅威になる可能性があります。ソーシャルメディアは、同じ考え方を持つ大勢の人々が集まるのに完璧な方法です。反対を許さない政府は、ソーシャルメディアが抵抗を引き起こす可能性があることを恐れています。このため、自国で特定のメディアの使用を制限または完全に禁止します。幸いなことに、これを回避する方法があり、その1つがVPNの使用です。

FacebookとTwitterの検閲

TwitterやFacebookは、中国や北朝鮮などのいくつかの国で禁止されています。さらに、国が一時的にこれらの共有プラットフォームの使用を禁止したいくつかの事例があります。多くの場合、これは反乱に対する軽はずみな行動です。Facebookは、イベントを作成し、大勢の人々を集めるのに理想的です。したがって、抗議行動を組織する場合に非常に役立ちます。反対を許さない全体主義体制は、ソーシャルメディアを注意深く監視し、場合によっては禁止します。

Twitterの禁止は、Facebookの禁止と同時に行われることがよくあります。Facebookと同様に、Twitterも一時的に禁止または制限される場合があります。一部の政府では、Twitterを使用して反抗的なメッセージを拡散できるため、Twitterを脅威と見なしています。誰でもTwitterアカウントの削除リクエストを提出できます。特に、Twitterは、すべての削除リクエストの90%がトルコからであることを公開しました。現時点では、トルコはツイッターを完全にブロックしていません。

これらのサイトを完全にブロックするのは露骨な検閲ですが、他のケースは少し複雑です。FacebookやTwitterが、ヘイトスピーチやテロなどの違法なコンテンツがあるかどうかをチェックするのは難しいことがわかっています。さらに、法律はすべての国で異なっています。一部の政府は、特定のページをオフラインにするようFacebookに圧力をかけています。ほとんどの場合、これらのページはその国の法律と対立するページです。当然のことながら、政府の検閲行動は大きな議論を引き起こします。幸いなことに、VPNによる検閲を迂回する方法を見つけることができます。

FacebookとTwitterが禁止されている中国では、代替のサービスがあります。Weiboと呼ばれるサービスは、大規模な共有プラットフォームです。ただし、中国政府はWeiboを監視および検閲しています。Weiboにどんな内容でも投稿できるわけではありません。禁止されている単語やフレーズの長いリストがあります。したがって、代替手段とは言え、実際にはそうではありません。

WhatsAppとSkypeの検閲

簡単で無料の通信を提供するWhatsAppやSkypeなどのアプリは、通信会社と政府の両方に脅威を及ぼす可能性があります。これらのアプリは、いわゆるVoIPサービスを提供します。VoIP(Voice over Internet Protocol)サービスは、インターネットを介して無料で通信する方法です。これらのサービスの使用をブロックしている政府は、電気通信およびインターネットプロバイダーを保護するためだとよく言っています。または、インターネットプロバイダーが通信会社も所有しているため、これらのサービスをブロックする場合があります。VoIPサービスが許可されると、電話をかけたり、誰かにテキストメッセージを送ったりするために、あなたに支払われる会社は、多くの収益を失います。

他の理由でSkypeとWhatsAppの使用を制限している政府もあります。前述のソーシャルメディアと同様に、SkypeとWhatsAppは全体主義体制を脅かす可能性があります。それらは、簡単で監視されていないコミュニケーション方法です。場合によっては、VoIPサービスは許可しますが、スパイウェアを利用して会話を監視します。たとえば、中国では、調整されたバージョンのSkypeのみをダウンロードできます。このバージョンには、中国政府がチャットを監視し、禁止されている単語をチェックできるスパイウェアがあります。

繰り返しますが、中国政府は、代替の中国サービスが、他の多くの国ではWhatsAppに属する市場を引き継ぐことを許可しました。このサービスはWeChatと呼ばれ、Weiboと同様に、中国政府に厳重に監視されています。

YouTubeの検閲

YouTubeのブロックには、多くの場合、上記のサービスと同様の動機があります。あなたが好きなものを投稿し、おそらく多くの聴衆に到達する自由は、全体主義体制への脅威です。ただし、YouTubeには配信権の問題もあります。Netflixのようなストリーミングサービスと同様に、YouTubeは著作権とディストリビューターに対処しなければならない場合があります。ディストリビューターは、ビデオが表示される国を制限します。

厳密に言えばこれは検閲ではありませんが、VPNでバイパスすることもできます。選択した動画にアクセスできる国を選択するだけです。

ブロックされたウェブサイト

大規模なソーシャルメディアプラットフォームのように、個々のサイトも検閲の対象となります。それらは、政府または国の社会秩序に脅威を与える可能性があります。禁止されるサイトが多すぎます。

検閲されたニュースサイト

ニュースサイトのブロックは、言論の自由にとって大きな脅威です。この行動は、おそらく最も明確な検閲の例です。国が独立したジャーナリズムを許さない場合、言論の自由に違反します。多くの場合、野党を支持するニュースサイト、または外国のニュースサイトがブロックされます。マスコミが厳しく検閲されている国の例は、トルコとイランです。幸いなことに、これらのニュースサイトは多くの場合、VPNを使用してアクセスできます。政府によるニュースサイトのブロックの副作用は、他のニュースサイトが自身のコンテンツに気を配うことです。ブロックされたくないため、自己検閲します。このように、独立したジャーナリスティックなアウトレットはなくなります。

最近では、各国が「偽ニュース」サイトのブロックを開始しています。偽ニュースかどうかを判断できるのは誰なのか、これには注意が必要です。たとえば、EUはインターネットの偽ニュース、特にロシアの偽ニュースに関心があって、チェックするタスクフォースを作成しました。偽ニュースは非常に危険な場合がありますが、検閲はさらに危険かもしれません。偽情報の拡散はますます問題になりつつありますが、政府が熱心にウェブサイトをブロックしていることに注意する必要があります。

Google

Googleは、正当な検閲と見なされる可能性があると判断した場合、特定のサイトをブロックします。テロや児童ポルノなど、ほとんどの国で法律を破るページです。しかし、彼らは政治的検閲を支援したくないという事実については明確です。Googleはすべてのリクエストを尊重しないため、一部の国ではアプリのブロックを決定します。たとえば、中国は現在、すべてのGoogleアプリを禁止しています。

ポルノサイトの検閲

ポルノサイトは、よく検閲を受ける別のタイプのウェブサイトです。一部の国では、ウェブ上のわいせつな素材を許可しません。すべての政府と文化がわいせつなものに関する定義は同じではありません。ある国ではポルノサイトのみが禁止されていますが、別の国ではビキニを販売するサイトも禁止されている場合があります。

VPNによる検閲をバイパスする

VPNは、オンライン検閲の問題に対する優れたソリューションです。VPNを使用すると、国の地理制限を回避できます。VPNを使用する場合、インターネットにアクセスする国を選択できます。VPNはその国のサーバーを介してトラフィックを送信し、ユーザーは自分のIPアドレスではなく、そのサーバーのIPアドレスでインターネットにアクセスします。ウェブサイトにとっては、選択した国からアクセスしているように見えます。これにより、あなたの国のオンライン検閲を簡単に迂回できます。

VPNには他にも多くの利点があります。地理制限を回避できるため、自由が得られます。たとえば、他の国のNetflixコンテンツを視聴するのに役立ちます。しかし、もっとあります! また、VPNはあなたのIPアドレスが誰にも見えないため、匿名性を提供します。VPNでは、誰もあなたのオンラインの行動とあなたの場所や個人を結びつくことはできません。最後に、VPNは優れたセキュリティを提供します。VPNソフトウェアは、コンピューター上のすべてのデータを暗号化します。ハッカーや政府は、暗号化されたトラフィックを解読できません。VPNを使用すると、個人情報とインターネットトラフィックは安全です。

IVACY:デジタル世界をより安全に、誰にとってもアクセスしやすいものにします!
Ivacyでは、製品開発サイクル全体に工夫が行き届いています。私たちは、完全なオンラインの自由と、ユーザーにとっての侵入不可能なセキュリティを信じています。ターゲットに目を向けて、2007年に旅を始め、ユーザーが真のインターネットの自由を体験できるように最高のVPNサービスを設計しました。
ページへ

検閲を回避するベストVPNプロバイダー

検閲を回避するのに役立つ3つのベストVPNプロバイダーのリストを作りました。難点の1つは、一部の国ではVPNプロバイダーサイトをブロックし始めたことです。ほぼすべての場所で利用可能なプロバイダーを選択しました。もう1つの重要な特徴は、返金保証です。これにより、簡単にサービスを試して、機能するかどうかを確認できます。希望どおりに機能しない場合は、購入をキャンセルしてお金を取り戻すことができます。まともな無料のVPNプロバイダーはありますが、オンライン検閲を回避する目的ではお勧めしません。

サービスがブロックされている国で休暇をとるので、VPNを使用する予定ですか? 出発する前にVPNをインストールすることをお勧めします。前に述べたように、その国ではプロバイダーのサイトがブロックされる可能性があるためです。

ExpressVPNによる検閲を回避する

ExpressVPNは、ほとんどのリストにトップの座を占める理由があります。ExpressVPNは、どこにいても安定した安全な接続を取得するのに役立ちます。優れた顧客サポートとユーザーフレンドリーなアプリを提供します。ExpressVPNはやや高いですが、見返りに最高の品質が得られます。ExpressVPNがあれば、オンライン検閲について心配する必要はありません。地理制限を回避する接続を簡単にセットアップできるからです。30日間の返金保証があるため、時間をかけてアプリを試すことができます。

NordVPNによる検閲を回避する

NordVPNは非常に優れた信頼できるVPNプロバイダーであり、間違いなくトップに属します。非常にリーズナブルな価格で世界中に1000以上のサーバーを提供しています。特に、オンラインのプライバシーを気にする場合、NordVPNはそのためのプロバイダーです! NordVPNは、オンラインセキュリティを重視しており、ログを保存しません。また、30日間の返金保証があるため、時間をかけてサービスが自分のニーズに合っているかどうかをテストできます。

PureVPNによる検閲を回避する

PureVPNは、ほぼ200か国に500を超えるサーバーを持つ大規模なVPNプロバイダーです。オンライン検閲を迂回する素晴らしいプロバイダーです。優れた速度と安定した接続により、ウェブを匿名で非常に簡単に閲覧できます。セキュリティはNordVPNほどすきのないではありませんが、通常のインターネットユーザーであれば脅威になりません。返金保証は7日間しかないため、このリストの最後になります。機能するかどうかをテストするのに十分なはずです。

Torによる検閲を回避する

Tor(オニオンルーター)は、インターネットブラウザーとして機能するオンラインネットワークです。暗号化された匿名通信に使用されます。Torネットワークは、世界中の数千のサーバーで構成されています。データトラフィックは暗号化される小さな断片に分割され、ユーザーに送られる前に複数のサーバーを経由して送信されます。このプロセスには時間がかかります。そのため、Torブラウザーは比較的遅くなる可能性があります。しかし、どんなに遅くても、あなたがオンラインで行っていることを誰も見ることができないようにします。

ちなみに、Torがユーザーにダークウェブへのアクセスを提供しています。ダークウェブのサーフィンは注意してやる必要があります。インターネットのその部分は規制されておらず、そこでマルウェアを簡単に企みます。オンラインで匿名のままにしたいほとんどの人にとって、VPNはTorより簡単で、より良く、より安全なオプションです。

Torは検索エンジンとして機能します。つまり、TwitterやYouTubeなどのブラウザー経由でアクセスするサービスの制限を回避するソリューションになります。ただし、ブラウザの外部で動作するものはTorの影響を受けません。したがって、SkypeなどのプログラムやTwitterやFacebookなどのサイトのアプリの制限をバイパスするには、VPNを使用する必要があります。とにかく、Torの使用よりもVPNの使用をお勧めします。VPNは、完全な自由、匿名性、およびセキュリティが提供する追加の利点があるためです。