コロナウイルスパンデミック時の在宅ワークを安全に行うためのチェックリスト

あなたが岩の下に住んでいない限り、COVID-19またはコロナウイルスは、世界中で大混乱をもたらしています。数多くのイベントはウイルス流行の懸念のためにすでに中止されています。

主要なスポーツイベント、懇親会、コンサートはすでに中止になっています。皮肉なことに、数日前にはコロナウイルスに関する会議さえも中止になりました。このように、事態は非常に憂慮すべきものとなりました。

一般の人々はCOVID-19のパンデミックを十分に重視していませんが、公衆衛生当局者がこの局面を制御し、闘うために異なる考えを迫られている憂慮すべき大流行であります。

現在までに、世界中で381,000件以上のコロナウイルス症例が報告されています。報告された症例のうち、16,500人以上の死亡者が記録されています。これらの統計は憂慮すべきものであり、「自宅で仕事をする」という新しいトレンドに拍車を掛けています。

グーグル、アップル、マイクロソフト、アマゾン、および多数の大規模なグローバル企業はすでにCovid-19の発生により、すでに在宅での強制的な仕事のポリシーを公開します。

コロナウイルスの流行は常に進化しているため、雇用主が公衆衛生上の通知や統計に対応するために、在宅勤務の可能性に関する方針は常に見直されています。結局のところ、どの企業も従業員がウイルスに感染した場合に出勤することを望んでいません。

しかし、オフィス環境から在宅環境への移行には課題があります。まず、ほとんどの企業のIT部門の人員は非常に不足しています。これは、会社所有のラップトップやその他のハードウェアに適切なソフトウェアを準備すること自体が大きな課題であることを意味します。

このような危機的な時期に、企業は従業員の在宅勤務への移行を適切に行うために必要な人手が不足しています。リモートワークを実現するためには、社員が社内ネットワークにリモートアクセスするためのVPNなどの技術を導入する必要があります。

さらに、適切なコミュニケーションとチームコラボレーションを確保するために、雇用主はSlackやGoogle Hangoutsのようなビデオチャットサービスを導入する必要があります。一部の企業では、完全なリモートワークフォースを導入する前に、すでに Zoom を使用した実験を開始しました。

企業がリモートワークを管理することは非常に難しいことですが、従業員が在宅で仕事をすることも同様に難しいです。特に、9時から5時までのオフィス環境で仕事をすることに慣れている人にとってはなおさらです。

在宅勤務の場合、いろんな問題を起こるかもしれません:

  • 時間通りにログインできますか?
  • チーム会議はどうなりますか?
  • 会社のネットワークに安全にアクセスするにはどうすればいいですか?
  • インターネットが使えなくなったら、仕事の進捗状況はどうなりますか?
  • 誤って何かをクリックしてしまい、会社に損害を与える可能性がある場合はどうすればいいですか?

今、あなたが在宅ワーク環境に移行したばかりの方であれば、ご理解いただけると思います。このような困難な時期に、不確実なコロナウイルスの流行期に、安全かつ効率的に在宅で仕事をするための簡単なチェックリストを、実際の世界の専門家と共同で作成しました。

安全な接続を使用する

何よりもまず、安全なエンド・ツー・エンドの暗号化された接続から始めるべきです。結局のところ、ほとんどのサイバー攻撃は、侵害されたネットワークから生まれます。統計によると、サイバー犯罪は2021年までに毎年6兆ドルの損害をもたらすと予想されています。そのため、まずはVPNのようなツールを使って日常業務を遂行することから始めましょう。

専門家のアドバイスは以下のようです:

グレッグ・スコット - インフラサポート株式会社と連携

リモートワークのパイオニアと自称するグレッグ・スコット氏によると、唯一の実行可能な選択肢はVPN(仮想プライベートネットワーク)だという。そして、VPNは実際にリモートで会社のネットワークにアクセスする際のリスクを軽減することができます。

カテリーナ - greenice.net社のCMO

チーム全体のVPNとパスワードマネージャー(Passbolt)を使用します。パスワードマネージャーは、会社のVPNの下でのみアクセスできるようにして、より安全な状態を保つようにします。

ルカ - DataProt社の編集長

すべてのリモート従業員が使用するための安全なVPNを設定し、それぞれに個別の権限とアクセスレベルを設定します。各従業員は、ラップトップを起動するときに、オフィスでログインするときと同じように、自分のプライベートアカウントにログインします。VPNを使用することで、リモート従業員のオンライン活動のすべてのプライバシーと説明責任を保証します。

チームコラボレーションツールを使用する

そのため、在宅で仕事をしていても、チームとの連携が必要です。タイムリーな承認を得ることがどれほど重要なことか、私にはよくわかります。Slackを使うことを強くお勧めします。Slackを使えば、チームとリアルタイムで連絡を取り合うことができます。

専門家のアドバイスは以下のようです:

ジュリー・ビー - BeeSmart Social Media社と連携

ジュリーさんによると、彼女は2008年からバーチャルオフィスの運営に成功しています。彼女はSlack、Asana、Zoomなどのツールを使うことを提案しています。彼女の会社では、リアルタイムのメールでの会話にはSlackを、プロジェクト管理にはAsanaを、毎週のスタッフミーティングにはZoomを使用しています。

アーロン・アウデ - Centric Consulting社と連携

エンタープライズコラボレーションサービスを提供するリーダーであるAaronは、社内コミュニケーションとクライアントとのコミュニケーションの両方で、Microsoft Teamsを使用して会議や通話をリモートで行うことを提案します。Aaron氏がこのツールを好む理由は、ビデオ、チャット、共同執筆、グループ編成、録音会議に適しているからです。

アン - GeekWithLaptop社と連携

メディアスタートアップの創業者兼CEOであるAnh氏は、従業員間のコミュニケーションを支援するために外部プログラムやチャットアプリの利用を提案しています。彼は、Facebookのチャットグループや、SlackやTroop Messengerのようなインスタントメッセージングプラットフォームの利用を提案します。

IVACY:デジタル世界をより安全に、誰にとってもアクセスしやすいものにします!
Ivacyでは、製品開発サイクル全体に工夫が行き届いています。私たちは、完全なオンラインの自由と、ユーザーにとっての侵入不可能なセキュリティを信じています。ターゲットに目を向けて、2007年に旅を始め、ユーザーが真のインターネットの自由を体験できるように最高のVPNサービスを設計しました。
ページへ

仕事の進捗を失わないためにクラウド化を進める

もしあなたが私のように、ソフトウェアの不具合やコンピュータの故障で仕事の進捗状況が分からなくなってしまった場合は、早急にクラウドに仕事を移行する必要があります。利用できる多数のクラウドサービスがあります。個人的にGoogleドライブを使用しています。それは速く、安全で、死ぬほど使いやすいです。

専門家のアドバイスは以下のようです:

マーケル - Knowmad Digital Marketing社と連携

マーケル氏は、すべてをクラウドに移行し、プロジェクト管理や仕事のコラボレーションのためにGoogle Driveのようなテクノロジーを利用しています。彼は、チームメンバーがインターネットにアクセスできる環境があれば、すべてのファイルやソフトウェアにアクセスできると提案します。さらに、多要素認証を使用し、公共のWiFiを避けることを提案します。

イタイダナン - Cybernium社と連携

コンサルタント・ソフトウェアエンジニアとして25年の経験を持つイタイ氏は、VNCのような技術を使って作業機にリモートアクセスすることを提案します。この場合、リモートでネットワークにアクセスするのではなく、社内にあるコンピュータを操作します。そうすることで、たとえパソコンがクラッシュしても、リモートマシンのクラウドサーバーに仕事の内容が保存されます。

マイク・トレーシー - Onixのサポートサービス担当ディレクター

マイク・トレイシー氏は、クラウドベースのソリューションを利用することで、緊急時にも従業員がリモートで仕事をすることができるというメリットがあると提案します。マイクは、G Suiteを使用することが仕事を守るし、リモートでアクセスするための鍵になると提案します。さらに、クラウドネイティブの生産性アプリを統合することで、突然のクラッシュによって貴重な仕事やドキュメントが失われることがないようにすることができると付け加えています。

では、どのような課題があるのでしょうか?

在宅ワークのシナリオは、カッコよくに見えますが、雇用者と従業員の双方にとっては、はるかに困難でリスクが高いものです。例えば、従業員が通常の作業環境以外の場所に派遣された場合、何千ものエンドポイントを管理し、安全を確保し、パッチを当てることは、あっという間に手に負えなくなる可能性があります。

IT部門にとって、これはコントロールが効かなくなることを意味します。結局のところ、セキュリティチームが従業員が自宅の Wi-Fi ネットワークは安全かどうかを判断する確実な方法はありません。セキュリティ部門の人間が、誰かのデバイスが侵害されたことをリアルタイムで判断する方法はありません。

SaaSやクラウド技術を完全に採用している多くの企業にとって、リモートワークの管理は比較的簡単ですが、まだ社内ネットワーク上でシステムを稼働させている企業にとっては、リモートワークは悪夢のようなものです。

例えば、インフラが脆弱な企業では、従業員がエンドポイント・セキュリティ・プロトコルや潜在的な攻撃を対応しています。一部の企業のIT部門は適切なツールを持っていないため、わずかな問題を修正するためには、従業員のコンピュータにリモートアクセスする必要があり、時間がかかるだけでなくリスクも伴います。

幸いなことに、ほとんどの企業はコロナウイルスの在宅勤務をうまく処理しています。行き当たりばったりではありますが、ほとんどの企業は、リモートワーカーのリスク評価を確立し、在宅勤務を許可する前に、コンピューティングセットアップを確立することに取り組んでいます。

コロナウイルスの流行がいつまで続くかは分からないが、大混乱は確かに私たちの考え方や仕事の仕方を変えてしまっいます。

タグ: