VPNサービスとプロキシサービスの違いは何ですか?

プロキシとは?

プロキシは、IPアドレスを非表示にして、ジオブロックされたWebサイトまたはファイアウォールで制限されたWebサイトにアクセスできるサービスです。コンピューターと、デバイスとインターネットの間の仲介役として機能するアプリケーションのいずれかです。

プロキシの仕組みは?

とても簡単です-プロキシサーバーを使用すると、インターネットに送信するリクエスト(たとえば、Webサイトに接続する)はプロキシによってインターセプトされます。その後、次の2つのいずれかが発生します。

  1. プロキシは、ローカルキャッシュをチェックして、リクエストしたコンテンツが既に格納されているかどうかを確認します。格納された場合、リクエストをインターネットに転送せずにコンテンツを返します。
  2. プロキシは、ローカルキャッシュに必要なコンテンツがない場合、リクエストをWebに転送します。データを受信すると、デバイスに送り返します。

VPNとは?

VPN(仮想プライベートネットワーク)は、安全な方法でWebにアクセスするために使用できるサービスです。IPアドレスを隠し、インターネットトラフィックとデータを暗号化し、地理ブロックとファイアウォールをバイパスします。

VPNの仕組みは?

基本的に、VPNはユーザーとISPの間の仲介者として機能します。クライアントを起動し、VPNサーバーに接続すると、インターネットトラフィックがリダイレクトされます。IPアドレスはサーバーのIPアドレスに置き換えられます。

すべての接続要求は、最初にVPNクライアントによって暗号化され、次にVPNサーバーに送信され、サーバーはそれらを解読してからWebに転送します。サーバーが要求されたデータを受信すると、それを暗号化し、デバイス上のVPNクライアントに送り返します。コンテンツを受信すると、VPNクライアントはそれを解読します。

では、VPNサービスとプロキシサービスの違いは何ですか?

VPNサービスとプロキシサービスは非常に似ているように見えますが、仕組みは違います。要するに、VPNサービスとプロキシサービスの両方は、IPとオンラインIDをある程度隠しますが、VPNとプロキシの主な違いは、VPNがすべてのデータを暗号化することです。

ただし、プロキシサービスとVPNサービスの実際の詳細な違いを知りたい場合は、各サービスが次のカテゴリでどのように機能するかを確認する必要があります。

オンラインセキュリティ

VPNを使用すると、強力な暗号化を使用して個人データとオンライントラフィックをサイバー犯罪者から保護することがよくあります(軍事レベルの暗号化であるAES-256標準など)。VPNでは、SoftEtherやOpenVPNなどの安全なVPNプロトコルも使用されることがよくあります。

プロキシは多くの場合、どのタイプの暗号化も使用しないため、ユーザーはインターネットにさらされたままになります。一部のプロキシサーバーはSSLタイプの暗号化を使用する場合がありますが、残念ながらこの種のセキュリティはあまり信頼できません。

プロキシがセキュリティを提供する方法の1つは、悪意のあるWebサイトへのアクセスをブロックして、ユーザーが誤って接続しないようにすることです。伝えられるところでは、プロキシ経由でマルウェアに感染したウェブサイトにアクセスした場合、マルウェアは最終的にはデバイスではなくプロキシサーバーを感染させる可能性がありますが、その保証はありません。

プロキシサーバーは、VPNサーバーと同じようにIPアドレスを隠します。ただし、この場合のプロキシサービスとVPNサービスの主な違いは、プロキシサービスを使用するときに、プロキシサーバーの所有者が常に実際のIPアドレスを見ることができるということです。VPNクライアントとVPNサーバーの間のトラフィックはエンドツーエンドで暗号化されているため、VPNプロバイダーは通常、あなたがVPNサーバーに接続するときにアドレスを見ることができません。まともなVPNプロバイダーが実際のIPアドレスを確認したとしても、ログに保存することはありません。

インターネットプライバシー

VPNは、すべてのインターネットトラフィックが完全に暗号化されているため、オンラインプライバシーのレベルを高めることができます。つまり、ISP、政府の監視機関、ハッカーなど、あなたがウェブ上で行っていることを誰も監視できないです。

プロキシを使用すると、インターネットトラフィックは通常暗号化されないため、実際にオンラインプライバシーを享受することはできません。つまり、ISP(およびその他の人)があなたがオンラインで何をしているのかを見ることができます。さらに、プロキシを使用しているときにHTTP経由で何かにアクセスすると、プロキシの所有者もあなたのオンラインアクティビティを追跡できるようになります。

暗号化されたプロキシを使用することでこれらのリスクを軽減できますが、使用されるSSL暗号化は非常に信頼性が低いです。

ふぐVPN:中国ネット環境に 最適化したVPN
PCでもスマホでも最も簡単に使えるVPN 中国の90%以上の地域で試験を実施し、検証済の安定性 通信妨害や盗聴に強い専有通信プロトコルを使用 PC/スマホ用のアプリを提供、複雑な設定は一切不要 日本語サポート付きで、満足度は96.4%以上
ページへ

オンライン速度

通常、プロキシサーバーは、強力な暗号化(またはほとんどの暗号化)を使用しないため、インターネットの速度に直接影響しません。さらに、プロキシは、リクエストをインターネットに転送する必要がないため、ローカルにキャッシュされている場合、リクエストされたWebページをより速く読み込むことができます。

ただし、プロキシサーバーは過密になる傾向があることを知っておく必要があります。その結果、常に遅い速度に対処する可能性があります。

一方、VPNは、暗号化のために速度が少し低下する可能性があります。あなたとVPNサーバーの間の距離も、そのスローダウン効果に寄与する可能性があります(ただし、プロキシサーバーについても同じことが言えます)。

それでも、複数のVPNプロトコルを提供するVPNプロバイダーを選択した場合、より良い速度を提供する傾向があるもの(たとえばSoftEtherなど)を使用できる場合があります。

また、言及する価値があるもう1つのことは、VPNがトラフィックを暗号化するため、帯域制限を解除のに役立ちます。帯域制限というのは、「過剰なデータ」を使用しているためにISPが帯域幅を制限しているため、実際にオンライン速度が低下する可能性があります。

追加機能

VPNプロバイダーとは異なり、プロキシサーバーは通常、Kill Switch、Apps.Killer、DNSリーク保護などの追加機能を提供しません。

価格

プロキシサーバーは、無料の場合が多いです。(特にパブリックプロキシ)。ただし、多くの場合、無料のプロキシはボランティアによって運営される傾向があるため、サービスはランダムにオフラインになります。さらに、無料のプロキシサーバーの約79%はHTTPSも使用していないため、あなたのデータがオンラインで公開されています。それだけでなく、無料のプロキシの中には、JavaScriptを使用して、クライアントに広告を挿入することもあります。

VPNについては、無料のサービスを見つけることはできますが、まったく価値がありません。有料のVPNサービスを使用する方がはるかに安全です。無料のVPNや無料のプロキシとは異なり、有料のVPNはより良い信頼性、サポート、セキュリティを提供します。

VPN vs.プロキシ–どちらを選ぶべきですか?

先ほど説明したことから判断すると、優れたオンラインエクスペリエンスを望むのであれば、VPNが最善の策であると思われます。もちろん、最終的に、決定はあなた次第です。それでも、オンラインデータとトラフィックが完全に保護されていることを確信し、信頼性の高いサポートが必要であり、誰でもあなたのオンラインアクティビティをスパイできないようにしたい場合は、VPNが最適です。

一方、ジオブロックをバイパスしてIPアドレスを非表示にするだけで、インターネットプライバシーの状態が気にならない場合は、プロキシサーバーを利用してみてください。