VPNが接続できない時の対処法

ほとんどの場合、VPNサービスは支障なく機能します。そのため、VPNへの接続で突然問題が発生すると、混乱したりイライラしたりします。VPNが少し不安定で接続を拒否している場合、このステップバイステップのトラブルシューティングガイドは、再び立ち上がるのに役立ちます。

VPN接続の問題の原因

多くの場合、VPN接続の問題はソフトウェアまたはブラウザーに関連しているため、VPNの接続しない原因を探すのは通常、単なる排除プロセスです。たとえば、次の理由の可能性があります。

  • 過負荷のVPNサーバー
  • 古いVPNソフトウェアの実行
  • 間違ったVPNプロトコルの使用

VPNを再接続するためのトラブルシューティング手順

  1. インターネット接続を確認する

    当たり前のように見えるかもしれませんが、ネットワーク接続が機能していることを確認してください。特に、Wi-Fi接続が機能しない場合は、デバイスが確実に正しいアクセスポイントに接続されているかどうかを確認してください。

  2. ログイン認証情報を確認する

    よく見落とされたことは、正しいまたは最新のログイン認証情報がありません。無料のVPNサービスを使用している場合は、VPNサービスが提供した認証情報が変更されているかどうかをWebサイトで確認してください。パスワードは頻繁に更新されます。

  3. VPNサーバー接続を変更する

    VPNは通常、接続できるサーバーの選択肢を提供します。ただし、接続しようとしているサーバーに問題がある場合があります。たとえば、一時的にダウンしたり、接続が多すぎたりすることがあります。代わりに、別のサーバーを試して、それが問題を解決するかどうかを確認してください。

  4. VPNソフトウェアまたはブラウザプラグインを再起動する

    VPNサーバーを変わっても直さない場合は、VPNソフトウェアまたはブラウザープラグインを再起動してください。VPNサーバーから切断するだけでなく、ソフトウェアを終了して再起動してください。ブラウザプラグインの場合は、ブラウザを完全に閉じてから再度開いてください。プラグインを再び機能させるには、ブラウザのキャッシュをクリアする必要がある場合もあります。

  5. VPNソフトウェアが最新であることを確認する

    VPNソフトウェアは頻繁に更新されます。バグの可能性を排除し、パフォーマンスを最大化するには、利用可能な最新のソフトウェアが実行されていることを確認してください。ほとんどの場合、VPNのメニューでアップデートを確認するだけで、最新のアップデートを入手できます。VPNの設定で自動的に更新されるようにVPNを設定することもできます。

  6. ブラウザが最新であることを確認する

    ブラウザーの一般的な問題を排除するには、VPNプロバイダーによって承認されている、サポートされているブラウザーを使用することが重要です。また、最新のブラウザアップデートがインストールされていることを確認してください。

  7. 最新のVPNソフトウェアパッケージを再インストールする

    この時点で何も機能しない場合は、VPNソフトウェアの再インストールを検討する必要があります。最新のパッケージを入手するには、VPNプロバイダーのサイトにアクセスして、オペレーティングシステムまたはデバイスの最新のソフトウェアパッケージを見つけて再インストールします。最初に古いパッケージをアンインストールして、クリーンな状態で開始するようにしてください。

  8. VPNトンネリングプロトコルを変更する

    それでも接続に苦労している場合は、VPNのトンネリングプロトコルに問題がある可能性があります。VPNまたはネットワーク設定で異なるプロトコルを使用してみてください。例えば:OpenVPN、L2TP / IPSec、またはIKeV2 / IPSec。

  9. 接続ポートを変更する

    一部のISPおよびネットワークは、特定のポートでトラフィックをブロックします。VPNのドキュメントを参照して、特定のポート番号の使用が推奨されているかどうかを確認してください。その場合は、別のポートを使用して問題が解決するかどうかを確認してください。

  10. ルーターの設定を確認する

    一部のルーターは、VPNパススルー(トラフィックがインターネットに自由に通過できるようにするルーターの機能)をサポートしていません。家のネットワークでは、ルーターとパーソナルファイアウォールの設定でこれらのオプションを確認できます(これらの変更を行うには管理者アクセスが必要な場合があります)。

    ・VPNパススルー:IPSecまたはPPTP(一般的なVPNプロトコルの二つ)パススルーを有効にするオプション(通常はセキュリティ設定)があります。すべてのルーターにこの設定があるわけではないことに注意してください。

    ・ポート転送とプロトコル:ファイアウォール(ルーター内およびインストールされているファイアウォールプログラム内)では、特定のポートを転送しまたプロトコルをオープンする必要があります。特に、IPSec VPNではUDPポート500(IKE)を転送し、プロトコル50(ESP)および51(AH)をオープンする必要があります。

  11. VPNプロバイダーに連絡する

    それでもVPNが接続できない場合は、VPNプロバイダーにお問い合わせください。どの方法を試したか、設定の種類(ルーターの種類、インターネット接続、オペレーティングシステムなど)、および受信したエラーメッセージを尋ねられる場合があります。VPNの専門家として、彼らはあなたを助けることができるはずです!

NordVPN:制限のない インターネットを
高度なセキュリティー対策とプライバシー保護で自由にインターネットを利用できるようになります。
ページへ