香港でVPNが必要ですか? インターネット検閲と中国のビッグブラザールール

インターネットは香港で検閲されていますか? 昨年香港で起こったすべての抗議により、香港と中国の関係は国際的なニュースとなっています。ほとんどの人は中国がインターネットを厳しく検閲していることを知っていますが、香港はどうですか? 香港でVPNが必要ですか?

香港が中国の統治に引き継がれた年である1997年以前、小さな領土は150年以上にわたって英国によって支配されていました。今日でも、香港には英国の文化と生活の名残があります。

しかし、英国が香港に築いた民主的基盤は徐々に侵食されています。中国が香港へ統治権を委ねられた今、多くの変化-多くの場合、陰で、公の監視から離れているところ-が発生しています。

簡単な答え:現時点では、香港のインターネットは中国のように厳しく検閲されていません。ただし、厳重に監視されています。あなたが旅行者または外国人である場合、これを配慮する必要があります。このため、インターネットトラフィックを暗号化するだけでなく、将来の検閲から保護するふぐVPNなどの仮想プライベートネットワーク(VPN)を検討することをお勧めします。

香港:1つの政府、2つのシステム

英国から中国への香港の引き渡しの基盤は、中国が香港を半自律的な地域として存続させることを許可するという約束でした。これは最終的に「1つの政府、2つのシステム」と呼ばれました。

中国との関係で香港の比較的小さいほうにもかかわらず、まだ技術的に政府の2システムのタイプを維持しています。

ただし、このシステムへの信頼は過去数年で低下しています。中国が驚くほど民主的な選挙を許可したので、多くの香港居住者と国際監視員はを注意深く観察したが...そして、中国が承認した候補者だけを提示しました。

香港と中国の間の新しい高速列車が開通されたが、中国は香港側に税関を設置することによって優位性を主張し、本質的に鉄道駅自体に対する主権を主張しました。

しかし、問題は残っています。香港の自由が徐々に侵食され、中国が徐々にその支配を主張するにつれて、インターネットにどのような影響を与えるでしょうか?

香港のインターネット検閲

デジタルの境界が物理的な境界を反映しているのは面白いです。列車で香港から中国に国境を越え、携帯の中継塔が換わる瞬間です...中国の有名なグレートファイアウォールが作動します。

幸いなことに、少なくとも当分の間、インターネットは香港では厳しく検閲されていません。Facebook、YouTube、Twitter、および中国では完全にアクセスできない他のすべてのWebサイトに引き続きアクセスできます。

とはいえ、特に2019年の夏から街を揺るがしたすべての抗議で、香港内閣のメンバーはインターネット検閲の考えを浮かび上がらせました。その瞬間、私たちが知っている自由な香港のインターネットは消えてしまいます。

しかし、真実は、香港で心配する必要があるのは検閲だけではありません。

ふぐVPN:中国ネット環境に 最適化したVPN
PCでもスマホでも最も簡単に使えるVPN 中国の90%以上の地域で試験を実施し、検証済の安定性 通信妨害や盗聴に強い専有通信プロトコルを使用 PC/スマホ用のアプリを提供、複雑な設定は一切不要 日本語サポート付きで、満足度は96.4%以上
ページへ

検閲だけではなく、ビッグブラザーだ

間違えないでください-中国は香港を所有しています。彼らは、地域の支配を維持しつつ、国際的に面目を保つためにあらゆる力を尽くしています。

香港のインターネットは検閲されていないかもしれませんが、注意深く監視されています。

中国以外のふぐVPNサーバーに接続し、セキュリティのために接続を暗号化することで、「ビッグブラザー」が私の肩越しに見張る心配なしに、メール、銀行、さらにはGoogleにさえアクセスできます。

最終的な考え

香港は急速に変化しています。昨日は本当だったことは、明日は真実ではないかもしれません。

現在、香港のインターネットはオープンで自由です。ただし、来年または2年以内に中国が介入して状況を変える可能性は十分にあります。いずれにせよ、香港に足を踏み入れると、プライバシーに対するデジタル権利を放棄したことに注意する必要があります。あなたがすることは何でも監視されています。