中国でGoogleマップを利用する方法

中国での旅行中にGoogleマップを使用して移動することは可能なのでしょうか?現在、Googleの全てのサービスは中国でブロックされていますが、中国でGoogleマップを使用するための画期的な方法はいくつかあります。また、Googleマップに代わる代替の中国地図アプリもたくさんあります。この記事では、それらが持つオプション機能について説明します。

中国のような諸外国を旅行するとき、都市の中を移動する際に公共交通機関を利用できることは大きな利点です。Googleマップのようなアプリはこれを可能にし、例えあなたの旅が添乗員やガイドがいない個人旅行であっても、自信を持って迷わず移動できるようにしてくれます。

おそらく、既にご存じかもしれませんが、「The Great Firewall」と呼ばれる中国のインターネット検閲は、中国国内でGmailにアクセスしたり、YouTube動画を視聴したり、他のGoogleアプリを利用したりすることさえ困難にしています。この検閲にはもちろんGoogleマップも含まれます。

質問される前に:はい。Appleの端末にあるマップも含まれます。中国ではうまく機能しないのです。
そんな問題を解決するためにここであなたにお教えするオプション機能は何だと思いますか?以下では、まず中国のGoogleマップにアクセスする方法をご紹介し、次に中国でうまく機能するGoogleマップに代わる代替方法をいくつかご紹介します。

Googleマップは中国でブロックされているのでしょうか?

この質問に対する答えは単純にお答えするとすればイエスです。Googleマップは中国ではブロックされています。
2010年に、Googleは中国本社を北京から香港に移して中国から退きました。Googleが中国の検索クエリーの検閲要求の受け入れを拒否したことにより、それは劇的な退場となりました。気高いかもしれませんが、最終的な結果は、Googleマップを含むすべてのGoogle製品が中国で機能しなくなっってしまったのです。アプリ内の保存されたマップでGPSを使用して現在地を追跡することはできますが、ズームインまたはマップの別のセクションに移動しようとすると、ロードされず切り替わらないことがわかります。

中国でのGoogleマップの利用|問題と解決策

ただし、中国においてGoogleマップやAppleマップのようなものを使用する場合には、克服しなければならない主な課題が2つあります。

  1. 携帯でのデータアクセス:中国国内でWifiに接続された状態でGoogleマップを利用するという場合を除き、携帯でデータアクセスをすることの必要性をよく考えなければなりません。これを考慮した上で、外出中に携帯を使ったり地図を見ることができます。
  2. ブロックされたサービスへのアクセス:すでに述べたように、中国は国内においてInstagram、Facebook、YouTube、Googleマップ、および他の多くのウェブサイトやアプリをブロックしています。これは残酷なことに現実に起きていることです。あなたがネットワークに接続したらまずは、この国によるブロックを回避する方法を見つけるか、別のサービスを使用する必要があります。

代替アプリの選択肢を紹介する前に、上記の問題に対する簡単な解決策をご紹介します。

  1. 解決策-データアクセス:中国の携帯でデータアクセスを取得するためには3つの方法(オプション)があります。まず1つめの簡単なオプションは、既存のモバイルプランで海外ローミングを購入することです。これはうまく機能するのですが、やはり一般的には高価な手法です。2番目のオプションは、自分の携帯に最適なChina SIMカードを見つけて購入するか、中国の携帯自体をレンタルすることです。これは安価な手法なのですが、セットアップに時間がかかり、ある程度のノウハウが必要となります。最後3番目のオプションは、中国でWiFiのみを使用することです。これは、グローバルWiFiユニットを使用してインターネット接続を維持する場合にのみ機能します。
  2. 解決策-ブロック:ブロックされたWebサイトやアプリケーションと同様に、最も一般的な解決策は仮想プライベートネットワーク(略して「VPN」)として知られているものとなります。携帯でインターネットに接続する際にVPNを利用して接続することは、検閲を回避し、中国でGoogleマップを使用できるようにする合法的な方法です。

もしあなたが以前にVPNを使用したことがない場合、基本的には中国の外国人が日常的に使用する安価なソフトウェアです。

VPNが追加するプライバシーとセキュリティ(公共Wifiネットワーク上でハッキングされるリスクを軽減する)の保護という機能のほかに、携帯でもメールを使用したり、Instagramで写真を共有したり、Skypeを利用して電話をかけたりができます–これらはすべて、VPNなしでは不可能です。VPNオプションは数百ありますが、率直に言って、すべてが中国でうまく機能するとは限りません。

もしあなたがこのオプションを探しているのであれば、中国に最適なVPNをリストアップしましたので、ご覧ください。

ふぐVPN:中国ネット環境に 最適化したVPN
PCでもスマホでも最も簡単に使えるVPN 中国の90%以上の地域で試験を実施し、検証済の安定性 通信妨害や盗聴に強い専有通信プロトコルを使用 PC/スマホ用のアプリを提供、複雑な設定は一切不要 日本語サポート付きで、満足度は96.4%以上
ページへ

中国国内の最適なGoogleマップの代替手段(長所と短所)

もちろん、ネットワーク接続やVPNをなるべく使用したくないという人もいます。その場合は中国のGoogleマップへのアクセス方法を見つけるのではなく、ブロックされていない中国国内で認められている代替の地図をダウンロードするだけでいいのです。

以下は、中国で最も優れているであろうGoogleマップの代替手段と、それぞれの長所と短所です。

  1. Baiduマップ

中国で最も信頼性が高く最高といわれているGoogleマップ代替手段は、Baidu Mapsです。これは、ほとんどの中国人が使っているアプリです。

Baidu Mapsの長所:Baidu Mapsは、中国向けの最新の地図アプリです。無料で利用でき、道順はほぼ正確で(中国の場合)、中国全土のすべての都市の徒歩道順と公共交通機関の情報などのオプションの両方が含まれています。

Baidu Mapsの短所:Baidu Mapsは中国語版のみの提供となっているため、中国語初心者の方には向いていません。多くの場合、英語で検索できますが、すべての道路や地点の表記は中国語となります。

iOSダウンロード  Androidダウンロード

  1. OsmAndマップ

OsmAndマップは、中国のGoogleマップに代わる別の実行可能な代替手段ですが、これには制限があります。

OsmAndの長所:地図をダウンロードしてオフラインで使用できるため、中国にいる間でも、中国内のネットワークにアクセスする必要がありません。これには、Wikipedia POIへのアクセスも含まれます。アプリ全体は英語表記ですので、これもプラスポイントです。

OsmAndの短所:アプリは無料ですが、アジア地図のダウンロードには少し料金がかかります。また、アプリはネイティブの中国語ではないため、地図や交通情報は100%信頼できるものではないものといえるでしょう。

iOSダウンロード  Androidダウンロード

  1. Metro Pros

また、別のオプションは、その都市固有のアプリを使用して、英語表記の地下鉄マップなどにオフラインでアクセスします。

Explore Metroの長所:中国の大都市(北京、上海、広州、香港、深セン)の詳細な地下鉄地図(英語)。これらのマップはダウンロードしてオフラインでアクセスできます。

Explore Metroの短所:中国国内の限られた都市でのみ利用できます。また、各アプリは使用料金がかかり、地下鉄のナビゲーションのみのサポート機能であり、道路経路やバス乗り換えなどのサポートは含まれていません。

iOSダウンロード  Androidダウンロード

中国にはGoogleマップに代わる他の地図サービスがいくつかありますが、すべて同じ問題に直面しています。使用料金がかかる、表記が中国語である、またはネットワークアクセスが必要である、などです。このため、中国国内であなたが地図サービスを使用したいときにはVPN経由でGoogleマップを利用するほうがよいでしょう。

まとめ

最良の選択肢は、VPN経由で中国のGoogleマップにアクセスすることです。筆者は個人的にふぐVPNを使用していますが、他にもたくさんのVPNオプションがあります。

ブロックされていないものを使用する場合は、Baiduマップが最適ですが、唯一の問題は、Baiduマップが中国語のみであることです。ですので、これを使用する場合は中国語を読めることが条件であり、もし中国語が苦手であれば、英語でオフラインマップをダウンロードする必要があります。