中国でVPNを使用することはついに違法になりますか(2020年)?

2019年1月、中国のインターネットユーザーは、VPNを使用して海外のWebサイトにアクセスしたことで1,000元(16000円)の罰金を科されました。中国政府は、中国でVPNを販売することを違法にした後、中国でVPNを使用することを違法にすることを最終的に決定したのでしょうか。

グーグル、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、グーグルプレイストア、インスタグラムなどのウェブサイト/サービスなしでは生きていけない人にとって、最近中国に滞在しているなら、VPNという言葉は馴染みのないものではないはずです。

中国でVPNを使用することはいったい合法ですか?

3年以上前にこの質問をした場合、答えは次のようになります。心配しないで、みんながVPNを使用しています。中国でVPNを使用することで、法律を破った人はいません。しかし

VPNの現状は、数年前から変わり始めました。

2017年1月、中国政府は、中国に本拠を置く通信およびインターネット企業が、政府の承認なしに、国境を越えた業務に使用するVPNの設置またはVPNサービスの貸し出しを許可しないことを発表しました。

発表後、中国に拠点を置く多くのVPNサービスはシャットダウンを余儀なくされました。GreenVPN、Tianxing VPNなど、かつて人気のあった中国のVPNサービスが含まれていました。Appleでさえ、中国のアプリストアからVPNアプリを削除することを余儀なくされました。

その後、VPNサービスを違法に販売したことで法的なトラブルに巻き込まれた人がいると聞きました。2017年4月、広東省のある男性は、VPNソフトウェアを販売するWebサイトを運営しているため、9ヶ月の判決を受けました。2017年12月、広西省のある男性がVPNサービスの販売で5年以上の懲役を言い渡されました。2018年10月、上海のある中国人プログラマーは、VPNサービスを違法に販売したため、3年の判決を受けました。

それで、明らかになりました:

中国では、VPNサービスの販売(政府の承認なし)は確かに違法です。

しかし、中国にいるみんながVPN販売ビジネスに携わっているわけではありませんよね?販売しないから、大丈夫よね。ただし、2019になったらどうでしょう?

2019年1月、広東省のある男性は、VPNを使用して海外のWebサイトにアクセスしたことに対して、1,000元(16,000円)の罰金を支払うよう地元の警察に命じられました。このニュースは、中国政府の見解を反映することでよく知られている国営新聞であるGlobal Timesによっても確認されました。

VPNの販売を違法にした後、中国政府は最終的にVPNの使用を違法にすることを決めましたか?

そうだとすれば、毎日VPNを使用している私たち全員が警戒すべきではないでしょうか?

多分もっと注意すべきだと思う。しかし、考えてみると、中国政府が国のすべてのVPNユーザーを罰することを決めた場合、いくつかの簡単な目標があります。たとえば、People's Dailyなど、中国の国営メディアのほとんどには、アクティブなtwitterアカウントやFacebookページさえあります。 彼らは日々の仕事をするのに使いやすいVPNを持っている必要があります。Huaweiなどの多くの中国企業も、Great Firewallの反対側でソーシャルメディアの積極的な存在感を維持しています。 VPNを使用して、ブロックされた海外のサービスにもアクセスすることで罰金を科されるべきではないでしょうか?

中国政府が国のすべてのVPNユーザーに対して法的措置を講じることを決めた場合、大きな混乱が生じると想像できます。

VPNを使用したことで1000元の罰金を科せられた中国人(は彼の苗字です)に関する同じグローバルタイムズの記事で、次の段落があります。

「Zhuが他の違法行為を行わなかった場合、海外のウェブサイトにアクセスするために彼を厳しく罰することは不適切であると、北京に本拠を置く中国サイバースペース戦略研究所のQin An氏はグローバルタイムズに語った」

実際、中国でVPNを使用することはますます難しくなっていますが、VPNで違法なことをしない限り、死ぬほど怖がる必要がありません。

さて、ここでの違法なことは、特に中国政府に対抗する政治活動を指すと思います。Gmailの受信トレイを確認したり、猫の画像をTwitterに投稿することは、このカテゴリに該当しません。

しかし、おそらくVPNにはもっと注意する必要があります。

IVACY:デジタル世界をより安全に、誰にとってもアクセスしやすいものにします!
Ivacyでは、製品開発サイクル全体に工夫が行き届いています。私たちは、完全なオンラインの自由と、ユーザーにとっての侵入不可能なセキュリティを信じています。ターゲットに目を向けて、2007年に旅を始め、ユーザーが真のインターネットの自由を体験できるように最高のVPNサービスを設計しました。
ページへ

中国でVPNを使用することは違法である可能性がある場合はどうすればよいですか?

無料のVPNソフトウェアはプライバシーとセキュリティが非常に悪いことがわかっているため、無料のVPNソフトウェアとアプリを利用しません。(罰金を科せられた広東のVPNユーザーはLanternと呼ばれる無料のVPNソフトウェアを使用していた)。

また、オンラインアクティビティや個人データを中国の警察に引き渡したくないので、中国に拠点を置くVPNサービスにも利用しません。 一方、中国以外の国に拠点を置くVPNサービスを使用すると、個人データが中国政府に渡されるリスクが低くなります。

ふぐVPNなど、中国のVPNブロッキングに対処するための良い評判と優れた技術を備えた海外のVPNサービスを利用します。

まとめ

とにかく、中国でインターネットを使用する状況は決して良くならないようです。 将来状況が改善し、VPNが明日も機能することを期待しましょう。