VPNの速度を上げる9つの方法

VPNの人気が高まるにつれて、多くのユーザーがオンラインでVPNに接続するのに十分な時間を費やしています。結局のところ、ジオブロックまたは検閲されたウェブサイトをアンロックし、オンラインのプライバシーとセキュリティを維持するための素晴らしい方法です。

残念ながら、最高のVPNプロバイダーを使用しても、インターネットのパフォーマンスが低下する可能性があります。これは通常、動作が遅くなったり、場合によってはまったく使用できない接続になる問題です。

VPNを高速化する方法

減速のいくつかのケースでは、基礎となるインターネット接続のせいです。また、VPN自体である場合もあります。いずれにせよ、つながりが悪い接続に苦労しているなら、希望があります。以下に、VPNを高速化し、パフォーマンスのすべての最後のビットを絞り出す9つの方法を紹介します。

  1. VPNサーバーの切り替え

    遅いVPN接続の最も一般的な原因の1つは、VPNサーバーです。これが当てはまる理由はいくつかあります。最初の可能性は地理的な距離です。

    要するに、サーバーが遠いほど、データの移動距離が長くなるほど、接続が遅くなります。ほとんどのプロバイダーでは、世界中のサーバーのリストから選択できます。最初のステップとして、まだ行っていない場合は、最も近いものを試してから、速度の改善を確認します。

    既に最も近いサーバーを使用している場合、問題はあなたとそのサーバー間のネットワークパスにある可能性があります。この場合、他の使用可能なサーバー(最も近いものから最も遠いものの順に)を試して、より適切に機能するサーバーが見つかるかどうかを確認してください。

    接続しているサーバーでも需要が高くなり、過負荷になる場合があります。現在十分に活用されていないサーバー(さらに遠くにあるかもしれませんが)に移行すると、速度の問題を解決できます。

    最高のパフォーマンスが得られるサーバーを見つけるには、サーバーを複数回切り替える必要がある場合があることに注意してください。

  2. 別のプロトコルを試す

    VPN接続は、デバイスとVPNサーバー間の暗号化されたトンネルです。あなたのトラフィックのコンテンツを詮索好きな目から見えないようにします。このような安全なトンネルを作成するために、VPNプロバイダーは異なるプロトコルと暗号化標準を使用します。

    ただし、すべての組み合わせが等しく作成されるわけではありません。セキュリティを優先してパフォーマンスを犠牲にするものもあれば、反対のことをするものもあります。

    一般的に、ほとんどの商用VPNはOpenVPNプロトコルを使用します。オープンソースであり、速度とセキュリティのバランスが取れています。ただし、多くの場合、特定の状況でより適切に機能する別のオプションを見つけることができます。

    1つの一般的な代替手段はL2TP / IPSecとして知られており、適切な条件が与えられている場合、これを使用すると接続パフォーマンスが向上する可能性が高くなります。試す価値のあるもう1つのプロトコルはPPTPです。

    PPTPは通常最速ですが、最も安全ではありません。速度が重要な場合は、PPTPが最適です。

  3. プロトコル設定を変わる

    VPNプロトコルを完全に換わる以外に、それぞれの設定を変更することもできます。これを行うと、速度が著しく向上する可能性があります。

    一部のパブリックネットワーク(および一部のプライベート接続)は、VPNトラフィックを制限して、悪用の可能性を減らします。これらのネットワークは、特定のクライアント設定によって不安定になることもあります。両方のことが、VPN接続に大混乱をもたらす可能性があります。これらの潜在的な問題を回避し、パフォーマンスを向上させるには、VPNソフトウェアのデフォルト設定を変更する必要がある場合があります。

    変更しようとする設定の1つは、TCP上のUDP設定です。どちらも、インターネット上でデータのビットを送信するために使用されるプロトコルです。デフォルトでは、ほとんどのVPN接続はUDPを使用します。これは通常、2つのオプションのうち高速です。ただし、場合によっては、特に基盤となるネットワークが不安定な場合、TCPに切り替えると接続が速くなることがあります。

    調整を試みるもう1つの設定は、VPNに使用しているポートです。443に切り替えます。このポートは、SSL(暗号化)Webトラフィックが使用するポートです。ネットワークが通常のWeb使用を制限するため、ネットワークがブロックまたはスロットルすることはほとんどありません。

  4. VPNソフトウェアの切り替え

    ほとんどの場合、VPNプロバイダーが利用できるクライアントソフトウェアは、最高のパフォーマンスを提供するように事前に設定されています。ただし、場合によっては、デバイス上の既存のソフトウェアまたは設定が、そのソフトウェアの標準的な万能の設定に干渉する可能性があります。

    別のVPNソフトウェアパッケージを試して結果を改善し、インターネットの速度を上げることができる場合があります。ただし、この道を進む前に、より高度な技術的ノウハウが必要になる場合があることに注意してください。

    ほとんどのVPNサービスは標準接続プロトコルとしてOpenVPNを使用しているため、開始するのに最適な場所は、標準のOpenVPNクライアントを入手することです。オペレーティングシステムごとに一覧表示されています。

    ウィンドウズ

    Android

    Apple iOS / Apple OS X

    各VPNサービスには特定の設定がある可能性があるため、ソフトウェアの構成手順については、VPNプロバイダーに相談してください。ほとんどのプロバイダーは、Webサイトで段階的なガイドを利用できます。

  5. スプリットトンネリングを有効にする

    場合によっては、VPN接続にかける要求が、接続が処理できる量よりも大きいことがあります。帯域幅を集中的に使用する複数のアプリケーションを一度に使用しており、速度の問題を解決するためにそれらの一部をシャットダウンできない、またはしたくない場合、いくつかのVPNプロバイダーが別のオプションを提供します。これはスプリットトンネリングと呼ばれます。

    スプリットトンネリングを使用すると、VPNを利用するトラフィックと、通常のインターネット接続で暗号化されずに送信されるトラフィックを指定できます。

    VPNプロバイダーがスプリットトンネリングの使用を許可している場合は、指示に従って正しく実行してください。どのようにこのソリューションを実装しても、VPNトンネルから除外するトラフィックと含めるトラフィックを指定することになります。

    場合によっては、逆スプリットトンネリングを使用できる場合もあります。この機能を使用すると、VPNを使用する必要があるトラフィックのみを指定できます。VPNを使用して地域の制限を回避する場合、または国やISPによって配置されたコンテンツブロックをバイパスする場合、逆スプリットトンネリングは優れたオプションです。

  6. インターネットサービスを確認する

    上記のすべてを試しても、VPNを使用してWebサイトやその他のオンラインサービスにアクセスするときに依然として速度が遅い場合、次に行うことは、インターネット接続が原因であるかどうかを判断することです。

    まず、VPNから切断します。切断すると、データが標準のインターネット接続を介して直接送信され、VPNサーバーを介して再ルーティングされなくなります。

    これが完了したら、速度テストを実行して、インターネットのパフォーマンスを判断します。そのように結果が基準以下である場合、問題の原因として、VPNを排除しました。

    悪い結果を想定して、インターネットモデムを再起動してみて、別のホットスポットがある場合はそれに切り替えてみてください。これらの手順のいずれでも問題が解決しない場合は、ISPまたはホットスポットの所有者に報告する必要があります。

  7. システムリソースの確認

    場合によっては、VPN接続の速度低下の原因は、あなたが思っているよりも自宅に近いです。そのため、デバイス上のアプリが帯域幅を過度に使っているかどうかを確認することも賢明です。

    たとえば、BitTorrentクライアントをバックグラウンドで開いたままにして、現在27の他のクライアントをシードしている場合、それが速度低下の原因かもしれない。

    接続を制限している可能性のある実行中のプログラムをすばやく見つけるには、デバイスのタスクマネージャーを見てください。最も一般的なオペレーティングシステムでアクセスする方法は次のとおりです。

    Microsoft Windows:タスクマネージャー

    Android:バックグラウンドアプリ

    Apple iOS:アプリスイッチャー

    Apple OS X:アクティビティモニター

    不要なプログラムやアプリを閉じることをお勧めします。これにより、VPN接続で不必要に使用される帯域幅が解放される可能性があります。アプリがインターネットを使用していない場合でも、それらを閉じてもシステムリソースが解放されますが、確かに害はありません。

  8. 有線接続を使用する

    最近では、ほとんどのユーザーがWi-Fi経由でインターネットに接続しています。これは、最も便利でモバイルなオンライン接続方法です。残念ながら、ワイヤレス接続は、他のデバイス、建物の構造部品、さらには家電製品からの干渉を受けやすくなっています。より良い接続を得るには、古い方法を使う必要があるかもしれません。

    イーサネットポートを備えたデバイスを使用している場合は、ネットワークケーブルを使用してルーターまたはモデムに直接接続します。有線接続により、デバイスへのインターネットへのパスが明確かつ中断なしで確保されます。これにより、Wi-Fi干渉の問題が排除され、VPNの速度低下の原因を見つけるのに一歩近づきます。

    有線接続を使用できない場合は、Wi-Fiを分析して、最適な設定を使用していることを再確認してください。

  9. 別のVPNを試す

    残念ながら、VPNのパフォーマンスが低下する原因には、完全に制御できないものがあります。不十分なネットワーク相互接続やひどいVPNサーバーの負荷バランシングなど。これらの場合、別のプロバイダーに切り替えることを除いて、問題を解決するためにできることは何もありません。

    VPNプロバイダーの切り替えは、遅いVPN接続を修復する他のあらゆる手段を試した場合の最後の手段の究極のオプションです。

    切り替えに乗り気でない場合は、今日のVPNの人気が市場をオプションであふれさせていることを考慮してください。つまり、現在のVPNを選択したときに存在しなかったサービスが存在する可能性があります。

    現在利用可能なすべてのオプションを調査して、すべてのニーズを満たすサービスを見つけてください。接続速度は目標の1つであるため、最速のVPNプロバイダーのリストは、出発点として適切です。

NordVPN:制限のない インターネットを
高度なセキュリティー対策とプライバシー保護で自由にインターネットを利用できるようになります。
ページへ