StrongVPN レビュー

StrongVPNは1995年に専用サーバーの販売を開始し、2005年に最初のVPNサービスを開始しました。

歴史がもっとも長いVPN企業の1つですが、最高のVPNの1つにするのに十分ですか?

StrongVPNをテストして、次のような一般的な質問を答えました。

  • StrongVPNはどんなに良いですか?
  • 使用するのは安全ですか?
  • StrongVPNは高速ですか?
  • Netflixで動作しますか?
  • トレント/ P2Pは許可されていますか?
  • StrongVPNにはキルスイッチがありますか?

StrongVPNの長所と短所

長所

  • 非常に高速で信頼できる速度
  • NetflixおよびBBC iPlayerと連携
  • トレントとP2Pはすべてのサーバーで許可されています
  • ログなし、IP、DNS、またはWebRTCリークなし
  • iOS、Android、MacOS、Windows用のアプリ
  • 最大12台の同時接続

短所

  • 多くのサーバーはPPTPプロトコルを使用します
  • 小規模サーバーネットワーク
  • プライバシーに配慮していない米国に本拠を置く

StrongVPNの概要

トップダウンロード速度84Mbps
ログポリシーログなし
IP、DNS、またはWebRTCリークなし
管轄US
サーバー950+
IPアドレス59,500+
26
US Netflixはい
トレント無制限
中国で使えるはい
サポート年中無休のライブチャット
最安値12か月契約で$5.83 /月
公式サイトStrongVPN.com

ポリシーについて

StrongVPN VPNサービスは、2005年にStrong Technology、LLCによって公開されました。StrongVPNは長年にわたって何度も持ち主が変わってきましたが、最近では2019年に公開会社J2 Globalに買収されました。

StrongVPNテクノロジーとJ2 Globalは、世界で最もプライバシーが保護されていない場所の1つである米国の管轄下で運営されています。

StrongVPNは、有効な召喚状に応じると述べていますが、持っていない情報を提供することはできません。

これは、StrongVPNが顧客アクティビティログを収集しないため、Webアクティビティから個々のユーザーに結びつける方法がないためです。

ログポリシー

StrongVPNには、非常に厳密なログなしポリシーがあります。トラフィックまたはVPNサービスの使用を収集またはログに記録しないと記載されています。タイムスタンプ、選択したサーバー、消費帯域幅などの基本的な接続メタデータも含まれます。

顧客データはまったく収集されないため、Webブラウジングアクティビティを個人としてあなたを追跡することはできません。これは素晴らしいニュースです。

スピードと信頼性

StrongVPNの速度は、同じ国の接続と長距離の接続の両方で、HDストリーミングに十分に高速です。ヨーロッパから米国への接続も非常に速い速度を期待できます。

StrongVPNなしのダウンロード速度:93.98Mbps

StrongVPNでのダウンロード速度:84.24Mbps

StrongVPNの実行中のダウンロード速度の損失:10%

ただし、同じ国の接続では16ミリ秒のレイテンシがかなり高いです。一部のVPNサービスの1ms未満のping時間を考慮すると、熱心なゲーマーは他のVPNを調べる必要があります。

アップロード速度も非常に速かったので、トレントにとっては朗報です。

サーバーの場所

StrongVPNのネットワークの規模は小さいほうで、約950台のサーバーがわずか26か国をカバーしています。

VPNサービスが多くの国(理想的には50以上)にサービスを提供し、StrongVPNにアルゼンチン、ギリシャ、インドネシア、ニュージーランドなどの国にサーバーがないという事実は理想的ではありません。

複数都市のサーバーは次の場所にあります。

  • 米国(12都市)
  • イギリス(6)
  • カナダ(3)
  • オーストラリア(2、パースなし)
  • ドイツ(2)
  • ブラジル(2)

アジアのサーバーは、香港、日本、マレーシアにあります。南アメリカはブラジルのみがサービスを提供しており、アフリカにはサーバーがありません。

プラス面では、StrongVPNは非常に多くのIPアドレス(約60,000)を顧客に提供します。良好な速度を維持するのに最適です。

ストリーミングとトレント

StrongVPNは最近、数週間完全にブロックされた後、米国のサーバーのいくつかで米国のNetflixとの連携を再開しました。

専用のストリーミングサーバーは存在しないため、タスクはより困難になりますが、動作するサーバーを見つけるのはそれほど難しくありません。

トレント

トレントおよびP2Pアクティビティは、すべてのStrongVPNサーバーで許可されています。ダウンロードとアップロードの速度は良好であり、ログなしの厳格なポリシーは、すべてのオンラインアクティビティが非公開のままであることを意味します。

さらに、StrongVPNにはVPNキルスイッチもあり、最新のテストではIP、DNS、またはWebRTCのリークを検出しませんでした。

検閲

StrongVPNは、中国、イラン、トルコ、アラブ首長国連邦などの高度に検閲された国で積極的なWebブロックをバイパスするための、まだかなり良いオプションです。

StrongVPNで得られる追加の難読化ツールは、オンライン検閲を回避するのに非常に役立ちます。さらにVPN接続をスクランブルし、検出を非常に困難にします。

StrongVPN Webサイトは中国でブロックされており、おそらく他の検閲が厳しい国でもブロックされているため、旅行前にStrongVPNをダウンロードして設定することをお勧めします。

Webサイトにアクセスできる場合、StrongVPNは中国での接続に関する有用なアドバイスを提供します。

プラットフォームとデバイス

StrongVPNは、すべての一般的なデバイスにカスタムVPNアプリを提供します。

  • パソコン
  • Mac
  • iPhone
  • Androidスマートフォン

ウェブサイトには、Linux、Amazon Kindle、Kodiなどの他の種類のデバイス、プラットフォーム、ソフトウェアの手動セットアップガイドもあります。

また、StrongVPNは、自宅のすべてのインターネットトラフィックを保護するためにルーターでVPNを手動でセットアップする方法について、ステップバイステップの手順を提供します。

StrongVPNの12の同時接続制限は非常に寛大で、最も多いの1つです。

ゲーム機とストリーミングデバイス

StrongVPNは、手動の設定手順に従うか、ホームルーターにStrongVPNをインストールすることにより、コンソールおよびストリーミングデバイスが使用できます。

NordVPN:制限のない インターネットを
高度なセキュリティー対策とプライバシー保護で自由にインターネットを利用できるようになります。
ページへ

ブラウザ拡張

StrongVPNは、VPNブラウザ拡張機能を提供しなくなりました。これは残念です。

暗号化とセキュリティ

プロトコルIKEv2/IPSec
L2TP/IPSec
OpenVPN (TCP/UDP)
PPTP
SSTP
WireGuard
暗号化AES-256
セキュリティDNSリークブロッキング
ファーストパーティDNS
IPV6リークブロッキング
TCP Port 443をサポート
VPNキルスイッチ
高度な機能なし

StrongVPNは安全なVPNサービスですが、レビューした中で最も安全なVPNプロバイダーではありません。

一方で、真のIPアドレスが公開されるのを防ぐVPNキルスイッチがあり、AES-256暗号化を使用し、独自のDNSサーバーを操作します。つまり、Webトラフィックはサードパーティのサーバーを経由しません。

また、最新のテストでDNSまたはIPリークが検出されなかったことを嬉しく思います。

それでは、なぜ最も安全なVPNではないのでしょうか?

主に、すべてのサーバーで非常に安全で高速なOpenVPNプロトコルを使用できないためです。実際、StrongVPNのサーバーの大部分は、非常に古くて安全でないPPTPプロトコルを使用しています。

StrongVPNは最近、最新のVPNプロトコルWireGuardのサポートを導入しました。現在ベータ版として利用可能であり、利用可能な他のプロトコルよりも高速ですが、WireGuardはまだ開発中であると警告されています。

顧客サポート

ライブチャットは24時間年中無休で利用できますが、ほとんどの場合、よくある質問のセクションから回答をコピペした代理人と対話することになります。

これは少し残念なことでしたが、問題を解決できなかった場合は常に技術チームに詳細を転送し、技術チームは常に迅速に対応しました。

StrongVPNの公式Webサイトでは、ビデオチュートリアルやスクリーンショットなど、さまざまなデバイス向けの幅広いセットアップマニュアルを提供しています。

基本的な手順については、よくある質問のセクションをご覧ください。ただし、簡単なサポート以外の場合は、カスタマーサポートチームに連絡する必要があります。

価格

StrongVPNの料金プラン

StrongVPNは、最適なオプションを決定するのに役立ついくつかの異なる価格プランを提供しています。同じ機能を備えていますが、選択する購入期間が長いほど、月額料金は低くなります。

最も高価なオプションは10.00ドルの1か月プランですが、年間パッケージにサインアップすると、42%オフで合理的な5.83ドルになります。

お支払・返金オプション

StrongVPNは、無料トライアルの代わりに30日間の返金保証を提供します。「StrongVPNサービスに100%満足していない」顧客向けであり、隠された制限やデータ上限はありません。

StrongVPNは、ほとんどの主要なクレジットカードやデビットカード、PayPal、Alipayなど、標準的な支払いオプションの大部分を受け入れます。ただし、暗号通貨の支払うオプションがないのは残念です。

まとめ

StrongVPNは、お勧めの簡単なVPNです。高速で、あらゆる種類のストリーミングプラットフォームで動作し、トレントなどに最適です。StrongVPNのログなしポリシーが気に入っています。

12台デバイスの同時接続は、これまで見てきた中で最も多いの1つです。プライバシー機能の一部は改善の可能性があり、サーバーネットワークは期待するほど大きくはありませんが、StrongVPNは依然として非常に印象的なVPNです。