Windscribeレビュー

WindscribeはカナダのVPNプロバイダーであり、「内密にWebを閲覧する」ことを約束します。同社は2016年に設立され、創業者のYegor SakとAlex Paguisによって独立して所有、運営されています。

Windscribeは、無料VPNとプレミアムVPNの両方として利用できます。有料サービスは間違いなく優れていますが、無料プランでは、市場で入手可能な最高のものの1つであると考えられる寛大な10GBのデータ許容量を提供します。

VPNの両方のバージョンは、信頼性の高い同国の速度、VPNサーバーの場所の多様なネットワーク、ストリーミング専用のサーバー、およびWindows、Android、iOS、Linuxなどのプラットフォーム用の幅広いアプリケーションを提供します。プロ版では、無制限のデータをゲットできます。

Windscribe Premiumは、手頃な価格でトレント、米国Netflixのストリーミング、および優れたインターネット速度を維持したい場合に最適です。また、Windscribeを運営する会社はロギングプラクティスについて非常に透明的です。

高度な機能には、R.O.B.E.R.Tと呼ばれる独自の特別な広告トラッカーとマルウェアブロッカーが含まれ、カスタムVPNアプリに統合されています。

VPNサービスは基本的に強力ですが、Windscribeには、市場の最高のVPNと競合することを妨げるいくつかの弱点があります。長距離の国際速度と顧客サポートに問題があることがわかりました。ログ記録とセキュリティを検証するための独立監査を希望します。

Windscribeの長所と短所

長所

  • Proアカウントで米国、英国、および日本のNetflixのロックを解除
  • ほとんどのサーバーがP2Pとトレントを許可
  • 最小限のログ記録ポリシーによる安全なサービス
  • 多くの一般的なデバイスでのインスタントセットアップ
  • 無制限の同時接続
  • 最高の無料VPN

短所

  • ライブチャットなし
  • 信頼できないグローバル速度
  • カナダに拠点を置く
  • 独立監査なし
  • Windscribe FreeはNetflixのブロックを解除できません

Windscribeの概要

トップダウンロード速度63Mbps
ログポリシー匿名サーバーの使用データ
IP、DNS、またはWebRTCリークなし
管轄カナダ(ファイブアイズメンバー)
サーバー不明
IPアドレス不明
64
US Netflixはい
トレント許可される
中国で使える不確か
サポート電子メールおよびオンラインリソースのみ
最安値12か月契約で$4.08 /月
公式サイトWindscribe.com

Windscribeとは?

Windscribeは、メンテナンスのために最小限のログを保存します。これは、特にカナダの管轄権を考慮すると理想的ではありません。他のプロバイダーがより少ないログで運営できることを知っており、Windscribeも同じことをして欲しいと思います。

とはいえ、Windscribeが保存するデータを使用してユーザーを特定したり、遡及的にユーザーのアクティビティを照合したりすることはできません。

Windscribeは次の情報を記録します:

  • 過去30日間に転送されたデータの量
  • Windscribe VPNネットワークでの最後のアクティビティのタイムスタンプ
  • アカウントの同時接続数
  • OpenVPNまたはIKEv2ユーザー名(セッションの終了まで)
  • 接続した時間(セッションの終了まで)

Windscribeはこの情報を収集して、VPNサービスがスムーズに実行するようにします。ただし、サーバーから切断されると、上記のデータには個人を特定するために使用できるものはありません。

Windscibeによれば、ユーザー名と接続時間もサーバーのRAMに保存されます。つまり、セッションを終了するとすぐに計画的に削除されます。

Windscribeはログしないもの:

  • 元のIPアドレス
  • 閲覧アクティビティデータ

会社の共同設立者であるYegor Sakは、Windscribe VPNアプリを使用したときに収集されるデータを正確に取り上げる詳細な説明を公開しました。

Windscribeのプライバシーポリシーにも詳細が記載されています。

Windscribeはカナダにあり、ファイブアイズデータ共有アライアンスの一部です。

CSIS(Canadian Security Intelligence Service)は、恐ろしい量の個人ユーザーデータを収集して、関心のある人々を追跡および識別します。著作権近代化法に基づき、カナダのISPは6か月間ユーザーデータを記録する必要がありますが、VPNプロバイダーが同様の慣行を採用するよう強制されているかどうかは明確ではありません。

通常、これは非常に懸念されますが、Windscribeの最小限のVPNロギングポリシーにより、それほど心配する必要はありません。

Windscribeによってもたらされたいくつかの点に同意しますが、法的に会社情報を当局、特に米国のような外国に引き渡す義務がない法域に拠点を置くVPN会社の方がはるかに安全です。

これは透明性への前向きな一歩ですが、プロセスの独立した外部監査なしには何も意味しません。

Windscribeは、サーバーのRAMに接続情報のみを保存し、セッションが終了するたびにその情報が削除されると主張しています。

さらに、閲覧履歴、タイムスタンプ、またはIPアドレスが保存されていないため、Windscribeが情報を企業や政府に引き渡すことは不可能だと主張しています。

Windscribeは、それ以上(意図せずに、または意図的に)ログを記録しないという言葉だけです。もしそうなら、カナダ当局がそのデータにアクセスする可能性が考えられます。

しかし、現時点では、監査やウェブサイト上のグラフ以外の証拠なしに、「関連データの不足のために要請に応じることはない」という
Windscribeの主張は無意味です。

スピードと信頼性

Windscribeの速度テストでは、OpenVPNを使用する場合、ローカル接続でのダウンロード速度が94.69Mbpsから63.60Mbpsに低下するという顕著な速度低下が見られました。約33%の低下です。

全体的に、Windscribeは最速のVPNではありませんが、ひどいものでもありません。ほとんどのユーザーにとって十分なパフォーマンスを発揮しますが、速度を最大化することが最優先事項である場合は適切な選択ではないかもしれません。

Windscribeの接続速度をテストして、他のVPNプロバイダーとの比較を確認しました。

結果は良好でしたが、これまでに見た最速のVPNには近づきませんでした。

最新のテストでは、Windscribeサーバーに接続するとダウンロード速度が30%以上に低下しましたが、かなり速いです。

また、非常に信頼性の高いVPNサービスです。Windscribeのサーバーへの接続中に接続が切断されることはなく、テスト間で速度は安定していました。

つまり、Windscribeは、複数のデバイスが一度にVPNに接続されている場合でも、オンラインで行うすべてのことを快適に処理できることを意味します。

ただし、より高速なVPNが利用可能です。同じ国の接続では速度が5%程度低下するだけです。

Windscribeのアプリは、起動時にIKEv2にデフォルト設定されます。IKEv2は最高のプロトコルであると主張しているため、この方法で接続すると速度がわずかに速くなります。

IKEv2を使用すると、ダウンロード速度がOpenVPNよりも約20%高速であることがわかりました。

ローカル速度テスト

VPNサーバーに接続する前後の接続速度を比較することにより、Windscribeがローカルサーバーに接続したときに接続がどれだけ遅くなるかを正確に把握できます。

  • Windscribeなしのダウンロード速度:94.69Mbps
  • Windscribeでのダウンロード速度:63.60Mbps
  • Windscribeの実行中のダウンロード速度の低下:33%

一方、Windscribeの最大アップロード速度70 Mbpsでは、torrenterを満足させることができます。

グローバルスピードテスト

結果は、ローカルテストよりも一貫性が低くなりました。Windscribeはうまく機能しましたが、最高の長距離VPNに匹敵しませんでした。

Windscribeを使用して以下の場所に接続するときに期待できる平均速度です。

  • 米国:32Mbps(ダウンロード)&32Mbps(アップロード)
  • ドイツ:62Mbps(ダウンロード)&69Mbps(アップロード)
  • シンガポール:22Mbps(ダウンロード)&14Mbps(アップロード)
  • オーストラリア:13Mbps(ダウンロード)&8Mbps(アップロード)

ほとんどのユーザーは十分ですが、ヨーロッパに問題なくアジアからのビデオをストリーミングすることは期待できません。

暗号化とセキュリティ

プロトコルIKEv2/IPSec
OpenVPN (TCP/UDP)
暗号化AES-256
セキュリティDNSリークブロッキング
IPV6リークブロッキング
TCP Port 443をサポート
VPNキルスイッチ
WebRTCリークブロッキング
高度な機能広告ブロッカー
SOCKS
スプリットトンネリング

Windscribeは、VPNセキュリティの堅実な選択肢であり、過去に過ちがある証拠はありません。多くの追加機能とカスタマイズオプションも付属しており、初心者や経験豊富なユーザーに最適です。

AES-256で暗号化されており、優先VPNプロトコルであるOpenVPNが含まれているため、IPアドレスは常に非表示のままです。

安全なSHA512認証キーとハンドシェイク用の4096ビットRSA暗号化もあります。これらはすべて、セキュリティとプライバシーの面で最高と考えられています。

5年間、サーバーまたはクライアント側でWindscribeのセキュリティが侵害されたという証拠はありません。

また、より多くのVPNプロバイダーに採用してほしい標準であるPerfect Forward Secrecyも運用しています。

つまり、暗号化キーはセッション間で再利用されません。誰かがあなたの秘密鍵を手に入れたとしても、切断するとすぐに役に立たなくなります。

Windscribeでは、UDPまたはTCP OpenVPN接続を選択できます。これらのプロトコルにはそれぞれ独自の利点があります。UDPは高速ですが、信頼性は低いですが、TCPは最も安定した接続を提供します。

ゲームもしくはビデオ通話をしている場合は、UDPをお勧めします。それ以外、安定性の問題が発生する場合は、TCPに変更することをお勧めします。

デフォルトでは、WindscribeはすべてのプラットフォームでIKEv2プロトコルを使用します。IKEv2はモバイル接続の選択肢として気に入っていますが、OpenVPNと同じテスト済みのセキュリティがない独自のプロトコルです。

一般に、デスクトッププラットフォームにはOpenVPNが好まれますが、IKEv2も悪いデフォルトではありません。すべてのアプリの設定メニューでプロトコルを変更するのも簡単です。これは良いことです。

SOCKS5も提供されています。これは、トレンターの昔のお気に入りですが、使用を推奨するプロトコルではありません。

私たちは、Windscribeの「ファイアウォール」機能が気に入っています。これは、VPNキルスイッチと同じ目的を果たすため、インターネット接続が切断された時、DNSおよびIPリークからも保護されます。自動、手動、常時オンの3つのモードを選択できます。

アプリケーションには、WebRTC保護(「WebRTCスレイヤー」と呼ばれる)、ポート転送、ダブルホップ(Windscribe接続を2つの異なるVPNサーバー間でバウンスすることで(速度を犠牲にして)さらに安全にします。)など、多くの高度なセキュリティ機能が備わっています。

これに加えて、Windscribeには、「スプリットパーソナリティ」と呼ばれるスプリットトンネリング機能も含まれており、ユーザーは特定のアプリをVPNの内外にルーティングできます。ありがたいことに、この便利な機能は、ユーザーがデータフローを直接制御できるようにするため、ますます標準になっています。

最終的に、Windscribeは非常に安全なVPNです。市場で最もプライベートで安全なVPNサービスの1つであるとさえ言えます。

R.O.B.E.R.T:Windscribeのセキュリティスイート

Windscribeは、カスタムVPNアプリに統合されている「R.O.B.E.R.T.」と呼ばれる独自の広告トラッカーとマルウェアブロッカーを提供しています。R.O.B.E.R.T. は8つの異なるブロックリストが含まれているため、VPNプロファイルをニーズに合わせて簡単にカスタマイズできます。

R.O.B.E.R.T. 基本的にDNSレベルのマルウェアと広告ブロッカーであり、VPNプロバイダーからのますます一般的な製品です。WindscribeはそのようなサービスをVPNと統合した最初のプロバイダーです。

ユーザーは、広告、トラッカー、クリプトマイナーなど、ブロックしたいコンテンツのリストから選択できます。ソーシャルネットワーク、露骨な性的コンテンツ、ギャンブルのウェブサイトなどをブロックすることもできます。

ただし、システムには問題がないわけではありません。「偽のニュース」ブロックリストには、風刺サイトをブロックしないことを明示的に主張しているにもかかわらず、The Daily Mashのような有名なパロディサイトがいくつか含まれています。

VPNサービスが誤ってコンテンツをブロックするのは少し皮肉なことです。

もちろん、偽のニュースブロックをオンにする必要はありません。大抵、他のR.O.B.E.R.T.フィルターは期待どおりに機能することがわかりました。

しかし、不真面目なのように聞こえるかもしれませんが、これはすべてVPNサービスの目的ではありません。この機能は害はありませんが、実際には必要ではなく、一度オフにするとブロートウェアと大差がありません。

通常、確立されたオープンソースのアドオンを使用して、サードパーティのトラッカーやマルウェアからブラウザを保護することをお勧めします。

この件について類似しているのは、Windscribeが提供する無料のURL短縮サービスであるsecure.linkです。これは便利なツールですが、VPNサービスとは何の関係もありません。

マルウェア&トラッキング

VPNは、デバイスに出入りする大量のデータを処理するため、危険なマルウェアやウイルスがロードされていないことが非常に重要です。Windscribeがクリーンであることを確認するために、デスクトップアプリケーションを実行して、完全なウイルスとマルウェアのテストを行いました。

Windscribeは100%テストをクリアしました。これは素晴らしい結果であり、Windscribeが信頼できるプロバイダーであることを示すもう1つの証拠です。

すべてのプラットフォームでWindscribeのセキュリティとプライバシーを再確認するために、Androidアプリに存在するトラッカーと権限に関するレポートを生成するεxodusツールも実行しました。

Androidアプリには、Google CrashLyticsとGoogle Firebase Analyticsの2つのトラッカーがあることがわかりました。どちらも必ずしも気にする必要はありません。どちらもイベントベースのデータ収集ツールであり、Windscribeはユーザーがアプリをどのように操作するかを把握し、クラッシュなどの問題に対応します。

Windscribeには、ExpressVPNアプリと同じ数、NordVPNアプリよりも少ないトラッカーがあります。

この点について、Windscribeはほどほどですが、FreeVPN.orgのFree VPNに28種類のトラッカーが含まれていますが、すべてのVPNプロバイダーは、アプリ内のトラッカーを最小限に抑えるか完全に削除することを目指すべきです。

εxodusレポートは、アプリが14の許可を要求していることも明らかにしています。そのうち2つ(GPSとネットワークベースの位置)は、Googleの保護レベルで「危険」または「特別」と見なされます。

これらは最速のサーバー機能の一部として説明できますが、同様の機能を持つ他の多くのVPNアプリはそのような情報を要求しません。Windscribeがアプリをオープンソースにすることで信頼を獲得できる分野の1つです。

ストリーミングとトレント

WindscribeのようなVPNの最大の利点の1つは、コンテンツの地理的制限を回避できることです。アクセスしたい国のIPアドレスで実際のIPアドレスをマスクすることにより実現されます。

外国人居住者や外国のテレビや映画のファンにとっても素晴らしいニュースです。

Netflixなどのプラットフォームは、VPNがサービスに接続することをより困難にしました。2020年には、最高のVPNのみがNetflixを利用できます。

Windscribeは、世界中のさまざまな国でストリーミングするための専用VPN「Windflix」サーバーを提供しています。これらのサーバーは、サーバー選択メニューでWindflixとしてラベル付けされ、米国、英国、およびカナダで見つけることができます。

Netflix、iPlayer、YouTubeなどのストリーミングサービスを、これら4つのサーバーの場所でテストしました。

Windscribeは、Windlixの4か国すべて(米国と英国、およびカナダと日本)でNetflixのブロックを確実に解除できることがわかりました。

ただし、他のNetflixライブラリにアクセスするのは難しいため、Windflixサーバーを使用することをお勧めします。

Netflix UKまたはUS用Windscribeをテストする時に問題が発生したことはありません。つまり、これらのNetflixライブラリをバッファーフリーのフルHDで鑑賞することができます。

ただし、おそらく需要が高いために、通常のサーバーよりも若干遅いようです。そのため、地域規制されたコンテンツをストリーミングする必要がない限り、使用はお勧めしません。

参考までに、Netflixの公式インターネット速度推奨値は、SD品質で3Mbps、HD品質で5Mbps、Ultra HD品質で25Mbpsです。

ただし、VPNはYouTubeで地域規制されたコンテンツのブロックを解除します。これはプラスです。

Windscribeの米国サーバーは、HuluやAmazon Prime Videoへのアクセスにも適しています。

全体として、Windscribe Proは、ベストではないにしても、しっかりとしたストリーミングVPNです。

残念ながら、これはすべてProバージョンにのみが提供します。Windscribeの無料VPNは、コンテンツのロック解除にはあまり適していません。

無料アプリで地域規制されたYouTube動画のブロックを解除することに成功しました。

ただし、Netflix、Amazon Prime Video、Disney +、Huluなどのサービスにアクセスしたい場合は、Premiumにアップグレードする必要があります。

トレントはうまく機能します

すべてのサーバーがP2Pに最適化されているわけではありませんが、P2Pアクティビティは世界中のWindscribeのサーバーの大部分で許可されているため、Windscribeはトレントにも適したVPNです。動作しないサーバーには「P2P」アイコンが付いています。

速度も一貫してトレントに十分であり、これは非常に重要です。WindscribeがP2Pサーバーを世界中に配布しているため、アップロードとダウンロードの速度を最大化します。

これは、リーチだけでなくシードもできることを意味します。トレントクライアントがバックグラウンドでシードを続けている場合は、Windscribeをアクティブのままにしてください。

信頼できるログ記録ポリシーとハイエンドセキュリティ(非常に重要なキルスイッチなど)により、Windscribeは迅速にだけでなく、安全かつ匿名でダウンロードを完了します。

トレントを初めて使用する場合、Windscribeには、uTorrent、Deluge、qBittorrent、およびVUZEでSOCKS5プロキシを設定するためのガイドがあります。これらは便利ですが、完全なデスクトップVPNクライアントをトレントクライアントと組み合わせて使用し、プライバシーを最大限にすることをお勧めします。

管轄について考えるときは、以下のことを常に留意することをお勧めします。

  • 接続しているサーバーの場所
  • VPNプロバイダーの管轄権

コピーライト・トロールがWindscribeユーザーデータを手に入れた例は見たことありませんが、ただし、カナダは法的に言えば優勢な国です。

Windscribeを使用してトレントを実行する場合、カナダ、米国、または英国のサーバーに接続しないことを強くお勧めします。

サーバーの場所

Windscribeには、63か国の110都市の多様なVPNサーバーネットワークがあります。世界のほぼすべての地域を含む大きな数字です。

東アジアは特によくカバーされていますが、これは珍しいことです。日本、シンガポール、韓国、タイなどにWindscribe VPNサーバーがあります。

Windscribeでは、110を超える個別のVPNロケーションを提供しているため、さまざまな国で都市レベルの選択肢が得られます。多くの場所に複数のサーバーがありますが、次の中から都市を選択できます。

  • オーストラリア(ブリスベン、メルボルン、パース、シドニー)
  • カナダ(モントリオール、トロント、バンクーバー)
  • フランス(マルセイユ、パリ)
  • インド(チェンナイ、インドール、ニューデリー)
  • イスラエル(アシュドッド、エルサレム)
  • イタリア(ミラノ、ローマ)
  • ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルク)
  • スペイン(バルセロナ、マドリード)
  • 英国(ロンドン、マンチェスター)
  • 米国中部(アトランタ、ダラス、ルイビル、ニューオーリンズ、ソルトレイクシティ)
  • 米国東部(ボストン、シャーロット、シカゴ、マイアミ、ニュージャージー、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDC)
  • 米国西部(ラスベガス、ロサンゼルス、オレゴン、フェニックス、ポートランド、サンフランシスコ、サンタクララ、シアトル)
  • トルコ(ブルサ、イスタンブール)

ただし、Windscribeが保持している個々のVPNサーバーまたはIPアドレスの総数を明らかにすることを拒否していることに少し失望します。また、多くのサーバーが完全に所有されるのではなくレンタルされています。

つまり、Windscribeがセキュリティで果たす役割は、私たちが望んでいるほどではない可能性があります。

Windscribeは、すべてのサーバーが実際に彼らが言うところにあると主張しています。驚いたことに、大規模なサーバーネットワークがある場合、こういうケースはよくありません。

たとえば、HideMyAss!は、世界5か国を除くすべての国に「サーバー」を持つ最大のサーバーネットワークを持っていますが、実際に多くが米国と英国にあります。

Windscribeの場合、少なくとも1つのサーバー場所に関して、嘘をつきました。Troll Stationにpingすると、南極サーバーは実際にカナダに物理的に位置していることを明らかにします。

ただし、これはおそらく1回限りだと思います。結局、サーバーは「Fake Antarctica」と呼ばれています。

WindscribeのWebサイトには、サーバーのステータスと容量のリアルタイムの更新を表示するページがあります。これは、速いサーバーを見つけようとしているときや、遅い接続のトラブルシューティングをしたいときに便利です。

また、13の異なる場所で利用可能な静的IPアドレスがあり、ストリーミングサービスへの一貫したアクセスを簡単に得ることができます。Windscribeを使用すると、このIPは約10人の他のユーザーと共有されます。

静的IPは、接続するたびに同じIPに接続します。これには、WebサイトがIPをブラックリストに登録する可能性を減らすなど、いくつかの利点があります。

データセンターまたはレジデンシャルIPを選択することもできます。レジデンシャルIPはより高価ですが、ストリーミングサービスが適切に動作する可能性が本当に向上します。

これが役立つ例として、Amazon Prime Videoがあります。IPアドレスが変更されるたびにデスクトップからログアウトします。レジデンシャルIPを使用すると、ストリーミングエクスペリエンスがよりシームレスになります。

検閲をバイパス

プライバシーに敵対する検閲体制を持つ中国やその他の国々では、VPNトラフィックを識別およびブロックするためにディープパケットインスペクション(DPI)などの技術を使用するようになり、人々がグローバルインターネットにアクセスできないようにします。

Windscribeを含む多くのVPNは、難読化テクノロジーを採用しているため、検閲者がVPNトラフィックを特定するのが難しくなっています。

Windscribeは、「ステルスプロトコル」を使用して、検閲者による検出を回避します。このプロトコルは、オープンソースアルゴリズムのStunnelを使用して、追加のTLSトンネルを介してOpenVPNトラフィックをルーティングします。

その結果、インターネットトラフィックを監視している人(政府、学校、大学、雇用主など)がOpenVPNプロトコルを使用していることを特定することは困難です。

Windscribe VPNが中国でどれだけうまく機能しているかについてのユーザーレポートはさまざまです。数年前、ステルスプロトコルはほとんどのプラットフォームでかなり信頼性の高いアクセスを提供するように見えました(ただし、ステルスプロトコルはiOSではまったく使用できません)。

最近見た評判はあまり肯定的ではなく、現在Windscribeが中国で機能していないことを示唆しています。

全体として、Windscribeは中国での最善の策とは考えていません。

中国でWindscribeを試してみる場合は、旅行前にすべてのデバイスに事前にインストールされていることを確認する必要があります。国内でのダウンロードがブロックされているためです。

サウジアラビア、アラブ首長国連邦、トルコなど、それほど効果的てはない検閲装置を備えた他の検閲国では、Windscribeは中国よりも有効なソリューションのようです。

プラットフォームとデバイス

Windscribeには、考えられるほぼすべてのプラットフォームとOS用のカスタムVPNアプリがあり、すべて非常にユーザーフレンドリーです。モバイルアプリも最近更新されました。

Windows、MacOS、Android、iOS向けのアプリはすべて利用可能で、さらにLinuxやAndroid TVなどのよりニッチなプラットフォーム向けのアプリも利用できます。WindscribeのWebサイトには、役立つセットアップガイドがあります。

よくあることですが、iOSアプリは他のアプリよりも制限されています。

重要なのは、Windscribeが無制限の同時接続を許可することです。つまり、あなたとあなたの家族全員が同時にVPNを実行できるということです。

ただし、Windscribeはアカウントを友人と共有することを許可しません。会社は、利用規約に違反するユーザーを禁止します。

さまざまなプラットフォームでの接続は簡単で、Windscribeには独自の設定作成ツールさえあります。これは、手動セットアップに必要な正確な情報を自動的に提供します。

アプリで公式にサポートされていないプラットフォームを接続する場合に理想的です:

  • Amazon Fire TV
  • Kodi
  • NVIDIA Shield
IVACY:デジタル世界をより安全に、誰にとってもアクセスしやすいものにします!
Ivacyでは、製品開発サイクル全体に工夫が行き届いています。私たちは、完全なオンラインの自由と、ユーザーにとっての侵入不可能なセキュリティを信じています。ターゲットに目を向けて、2007年に旅を始め、ユーザーが真のインターネットの自由を体験できるように最高のVPNサービスを設計しました。
ページへ

ゲーム機とストリーミングデバイス

また、Windscribe VPNをルーターにインストールするか、事前に設定済みルーターを購入して、自宅のすべてのインターネット接続デバイスを同時に保護することもできます。たとえば、Apple TV、Microsoft Xbox One、Sony PlayStation 4などのデバイス。

Amazon Fire TV StickとKodi専用のWindscribe VPNアプリもありますが、これはまだほとんど見られません。

Fire TV Stickアプリには、Windscribeの幅広いVPNサーバー、最もよく使用される場所をお気に入りに追加する機能、さらにいくつかの追加の技術設定など、優れた機能があります。

ブラウザ拡張

Windscribeは、非常に人気のある(ほぼ1,000,000インストール)ブラウザー拡張機能を改善し、その結果に感銘を受けました。

このより包括的な拡張機能は、WebRTCブロッキング、ロケーションAPIスプーフィング、Webサイト通知ブロッキングなどのセキュリティの中でも特に、都市レベルのサーバー選択とマルウェアおよびフィッシングブロックをサポートします。

ほとんどのVPNブラウザ拡張機能と同様に、厳密にはVPNではなくプロキシです。これらの拡張機能により、ブラウザウィンドウからWindscribeにすばやく簡単に接続できます。

顧客サポート

カスタマーサポートは、Windscribeが競合に遅れをとる場合がある領域です。

Windscribeのカスタマーサポートにはライブチャットがありません。トップVPNが常に提供しているものです(理想的には24時間)。代わりに、Windscribeには、ガイド、FAQ、および独自のsubredditの非常に広範なオンラインライブラリがあります。

Windscribeは、オンラインサポートチケットの提出と自動チャットエージェントGarryも提供しますが、後者は一般的にそれほど役に立たないため、時間を無駄にしないことをお勧めします。

また、英語しか理解できないため、ちっとも面白くないです。少なくともスペイン語や中国語、日本語などの言語の基本的な理解は、Windscribeの国際的なお客様を支援するのに大いに役立つでしょう。

チャットボットと話を続くと、「人間と話す」機会が得られます。ただし、チケットシステムに渡すだけです。

応答時間はもっと良くなるべきですが、Windscribeは通常1日以内に返事してくれます。

価格

料金プラン

Windscribeは、特に1年間の契約において、非常に価値の高いVPNです。品質を犠牲にすることなく、ほとんどの最上位プロバイダーよりも安価です。

Windscribeには、1か月分の支払いまたは1年分の支払いの2つのオプションがあります。1か月の9.00ドルの費用はかなり高いですが、12か月の取引では1か月あたり4.08ドルまで下がります。

また、ユーザーが1か月あたり1ドルでWindscribeサーバーロケーションを購入できる「プランの構築」オプションもあります。つまり、1つまたは2つのVPNサーバーにアクセスするだけであれば、月額費用を数ドルに抑えることができます。1ドル追加すれば、無制限のデータと完全なR.O.B.E.R.T機能にもアクセスできます。

有料加入はWindscribe Proのみであるため、支払う方法に関係なく、同じ広範な機能とサーバーを利用できます。

もちろん、無料プランを選択した場合、何も支払う必要はありません。また、支払いの詳細を入力する必要もありません。匿名性に最適です。

お支払・返金オプション

Windscribeは、Paymentwallとのパートナーシップを通じて、最も一般的なクレジットカードやデビットカード、PayPal、Bitcoinなどの通常の支払い方法と、いくつかの国際的なオプションを受け入れます。

有料プランにサインアップすると、払い戻し期間はわずか3日間となり、10 GBを超える帯域幅を使用した場合にのみ資格がありますが、それほど多くはありません。

Windscribeがアカウントに返金するまで最大30日かかる場合があります。これは本当に厳しい返金ポリシーです。代わりに、サービスに登録する前に無料のアカウントをテストすることをお勧めします。

Windscribe Free

このレビューの冒頭で述べたように、Windscribeには無料のプランも用意されています。

無料プランは、これまで見てきた中で最高のものの1つであり、購入する前にWindscribeを試す素晴らしい方法です。

このプランには、Windscribeの63か国のうち10か国のサーバーを利用でき、月間データ容量は10 GBです。

無料のWindscribeアカウントを使用して、以下の国のサーバーに接続できます。

  • カナダ
  • フランス
  • ドイツ
  • 香港
  • オランダ
  • ノルウェー
  • ルーマニア
  • スイス
  • 英国
  • アメリカ

実際、広告なしの無料VPNの場合、データの上限はかなり寛大です。これが、Windscribeの無料プランが私たちのお気に入りの無料VPNである理由の1つです。

また、無料版ではパフォーマンスがそれほど良くないかもしれません。私たちがテストしたとき、同じサーバーに接続されていても、無料アプリはProの選択肢よりもわずかに遅くなりました。

R.O.B.E.R.T.の無料バージョンでは、マルウェアブロックリストにのみアクセスできますが、これはとにかくブロッキング機能のなかで最も便利な機能です。

ただし、これらの高度な機能がない場合は、有料版と同じサービスにアクセスできます。最大の欠点は、WindscribeのストリーミングWindflixサーバーにアクセスできないことです。

必要に応じて、Windscribe Freeを長期間使用することもできますが、ほとんどのユーザーは、より高速なサーバー、ストリーミング、無制限のデータ、Windscribeのすべての高度な機能のためにプレミアムプランにアップグレードしたいと考えています。

まとめ

わずかな調整で、Windscribe Proは市場で最高のVPNの1つになる可能性がありますが、現状ではわずかに不足しています。

Windscribe freeは間違いなく私たちが見た中で最高の無料VPNであり、お勧めできます。

プレミアムバージョンが最高のVPNと競合するためには、Windscribeが独立した監査に開放され(理想的にはすべてのアプリをオープンソースにする)、VPNセッション中であってもログの量を減らし、より包括的なサポートを提供し、より高速で信頼性の高い国際速度を実現する必要があります。

Windscribeにはまだ多くのメリットがあります。すべてのアプリは直感的であり、優れたセキュリティ基準を維持しています。Windscribeの速度は最高ではないかもしれませんが、特にローカル速度は多くのユーザーにとって十分以上です。確かに、同社のWindflixストリーミングサーバーは、米国、英国、カナダ、および日本のコンテンツのストリーミングで注目を集めています。

価格も手頃です。

現在、最高の製品ではない場合でも、Windscribe Proをお得なVPNとしてお勧めします。